Paradox Kitchen~矛盾厨房~

おいしいお菓子は家で作ろう!

アラフィフ転職事情②

IMG_6993.jpg

黒ゴマのパウンドケーキに抹茶アイシングかけ。



















IMG_6996.jpg



















IMG_6997.jpg

もう少し柔らかい食感で、ごまのインパクトも強い方がいいな~。
練りゴマにもかなり油分が含まれるので、ケーキ生地の油脂分を控えてしまったけど
いつも通りの割合でもいいのかもしれない。
改良の余地、大。







うは~~~ 
前回、続きもののような終わらせ方をしておいて、半月以上放置してしまいました
珍しく夏バテっぽくなってしまい、ダウンしておりました。
これも更年期症状のひとつなのかな~~。とにかく毎日ノビてます。

気を取り直し、前回のつづきを書きますね。

非常に好感触だった面接が終わり、「一週間以内にご連絡します」と言われたのですが
採用とも不採用とも連絡がないまま、なんと1ヶ月以上が経過してしまいました。

結婚前、子育て一段落後、それぞれの時代にたくさんの求人に応募しました。
面接の席での“感触”が、そんなに単純に合否に反映されないことはもちろん知っています。
しかし今回は、感触だけでなく双方の条件や都合がそれぞれ合っていたのと
かなり具体的な雇用後の話にまで及んだのとで、恐らく採用なのではないかな~と
思っていたのですが…まさかの「音沙汰なし」とは。

ふ~~ん、そうかいそうかい…と思いつつ、不採用であっても連絡するのがビジネスマナーでは
ないか?と若干憤り(すぐ憤る)、秋も深まってきたある日、
図々しいのを承知で、私は自分から先方に連絡をしてみることにしました。
電話をし担当の方を呼び、「先月面接をしていいただいた〇〇ですが」と切り出し…
1週間以内にご連絡頂けるはずが、ひと月以上経ってしまいました。不採用と解釈して
よろしいのですね?と聞いてみました。

するとなんと

「すっかり連絡が遅くなってしまってゴメンナサイ! アツさんは採用させて頂く予定なんですよ!
一度試食させて頂きたいので、近々店に来ていただくことはできますか?」と…。


まるで「今電話しようと思ってたとこなんですよ~」みたいな調子の口調に、
ホントに採用するつもりだったの?
私が連絡しなかったらそのままフェイドアウトしてたんじゃないの~?
…と、若干複雑な気持ちになりましたが、採用してくださるらしいとのことなので
その「試作&試食」とやらに行くことにしました。

それが、この時の記事なのです。

初めてうかがう厨房だし、オーブンは使ったこともないスチームコンベクションだったし、
色々とやりにくかったけれど、無事に指定されたスコーンとマドレーヌを焼いていざ試食タイムとなりました。
70代半ばのマダム社長、事務担当の女性、レストランのシェフひとり、そして、社長の息子さん(多分40代)で
私の焼いた拙い菓子をモグモグと食べました (^▽^;)。

このお店のメニューにはスコーンがあるとのことで、
いつも出しているスコーンも焼いて、私のものとの食べ比べもしました。
社長はお店のスコーンがとてもお気に入りのようで、「これはすごく評判がいいのよ!」と
おっしゃっていました。
そのスコーンは私のスコーンとは食感がかなり違い、
「てことは、私のはダメかもな~」とドキドキしながらの試食タイムでした。

そして、マドレーヌを食べていた時、40代の社長の息子さんが
「コレ…すごくうまい!金出して買いたい!」と、何度も言ってくださいました。
「うまいうまい」と繰り返す息子さんに、社長さんは“母の顔”になり
目を細めて「アラ、あなた好き?そぉ?」と嬉しそうでした。

和やかに試食はすすみ、いくらで売ることができるか?とか
「一日に何個くらい作れるか?」とか「今の厨房はお菓子を作るには適していないが
どこかにスペースを作るか?」、そして、週何日くらい勤務できるかという話もして
無事、試作試験は終了しました。
では、1週間以内に連絡するので、その時に事務的なこと(勤務条件など)についてお話しましょう!
と言われ、笑顔でお店を出て…



そして


またこの後ひと月以上、何の連絡もないまま放置されることになったのでした(^▽^;)

もいちどつづく。(今度はなるべく早く書きます


は、は、半月も放置してしまったのに、まだ何とか10位以内にいさせてもらってる(号泣)!
ありがとうございます(ToT)
婆さん転職がんばれよ!と思ったら、是非ポチッとお願いします





アラフィフ転職事情①

IMG_6916.jpg

作るのも食べるのも大好きな、オレンジパウンドケーキ。
暑い時期に食べても美味しくて、華やかでいて爽やかなケーキ!






















IMG_6914.jpg

レシピはこちら→



















IMG_6918.jpg

ギフトとして頼まれていたのですが、
偶然、ピッタリサイズの箱がひとつあり、助かった~~~!!
箱があるとないとでは雰囲気が全く違うものね。






いつもありがとうございます (^^♪

ワタクシが、一般的な「定年」が見えてくる年齢の今になって、
転職に挑んでいることは何度か書きました。
漠然と求人情報を眺めるのではなく、積極的に「応募」→「面接」というチャレンジを始めたのが、
去年の春頃かな。
この1年強の間にはいくつもの求人に応募をし、不採用の山を築いてきましたが
その中で印象に残っているいくつかの応募先について、書きます。



             ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


私が今の社会福祉団体に勤めてもうすぐ6年目。
所詮非常勤ではありますが、同一業種の方が採用してもらえる可能性は高いし
今さらゼロから異業種へのチャレンジというのも無謀すぎるので、求人は福祉業種の中から探しています。

が…やはり時々目にとまる“菓子”の仕事。
製菓業界というのはとにかく「若さ」か「経験」のどちらかが必須で、
現場経験のない年寄りは相手にもされないのが当たり前。
過去に何度か応募してみたことはありますが、40代でもすでに門前払いでした。
なので、今さらどこかの店で菓子製造の仕事をしたいとは思っていません。

しかし…あちこちの求人サイトやハローワークの求人情報の巡回を日課にしていると…
時々「お?これならもしかして?」…というものが見つかることがあります。

去年の9月に応募したそこも、偶然みつけた求人でした。
小さいけれどそこそこ歴史もあり、小売店にオリジナル商品を卸している地元の食品会社で、
ちょっと気になる募集内容でした。
問い合わせだけ…と思い電話をかけてみると、雇用条件も私の希望とかなり一致。
トントン拍子で面接をして頂けることになりました。

そしてすぐに面接。

創業40年以上というその会社の社長は、70代後半のマダムでした。
なんでも、2年くらい前に初のレストランをオープンし、新たにオリジナル菓子の販売も始めたいとのこと。
菓子の販売と言っても「ケーキ店」を始めるわけではなく、
そのレストランや近隣の卸先での少量販売の予定で、売りたいものは「焼き菓子」とのこと。
社長は、食の安全や味へのこだわりなどについても熱心に話してくださいました。
私も自分なりの菓子や食に対する考えをお話し、労働条件なども合致したことから
非常に良いムードで面接は進みました。

話は、いつから働けるか? 報酬はどの程度を希望するか?などの具体的な内容におよび、
「是非働いて欲しい」という言葉までいただけ、円満に面接を終えました。
それが2016年9月中旬のことでした。


そしてそれっきりひと月以上経っても、何の連絡もなかったのです(笑)。



つづく。



↓をクリック応援してくださって、ありがとうございました! …などと、図々しいイメージをしたらですね!!
なんと先週1位にしていただけました!! ヽ(≧∀≦)ノ
ありがとうございました
よろしければ今週もぜひ…(〃▽〃)






キャロットケーキ

IMG_6978.jpg

会心の作。

大好物なんだけど、中々売っていないキャロットケーキ。
















IMG_6973.jpg

人参は苦手なんだけど、これは大好き。















IMG_6979.jpg

クルミとカレンズを入れて、シナモン多め。クリームチーズフロスティングたっぷり!

いや~~これはおいしかった






いつもありがとうございます!!

神奈川は毎日ギラッギラの太陽が照り付けています。

去年からまるで冗談のように、次から次へとトラブルが続いていることは何度も書きましたが、
今度は突然車が壊れましたよ 
それも、車検に出す1週間前に!
免許を取って30年以上。常に車を使う暮らしをしてきましたが
こんな風にある日突然動かなくなってしまったのは初めて!
自宅までレッカー車を呼ぶ騒ぎになり、参った~~~(ToT)

まぁこんなことは笑い話レベルなので、騒ぐことではないですけど。
たまには嬉しい事件も起こってほしいよな~~!!

まずはイメージから始めよう。


よろしければ、↓をクリックして応援してくださると嬉しいです!
↓をクリック応援してくださって、ありがとうございました! …なんて♪





Fight !!

IMG_6950.jpg













IMG_6957.jpg














IMG_6959.jpg















IMG_6961.jpg







いつもいつもありがとうございます!!

Fight!!しておりますよ!

今日はハローワークに行き、3通紹介状をもらってきました。
他に、面接までこぎつけたところが2ヵ所!
更に、思いがけないところから、とある商売の立ち上げスタッフを探しているとの声がかかり
更に更に、中小企業診断士の方とも会う予定。



体調を崩した家族たちの事で、あっちこっち飛び回りつつ
自分の病気のことも気にしつつ



負けそうになるけど負けないよ。


よろしければ、↓をクリックして応援してくださると嬉しいです!





ハルの残したもの

f1e7a122b2e650f0b24d44af3c0dad38_20170627165009882.jpg

アンリ・ルソー の「トラ猫」


ひと目見て、毛の色から不機嫌そうな目つき、何となく運動神経が良くなさそうな前足の置き方まで
とにかくハルにそっくり!!と思い、去年の晩秋にポスターを探して注文しました。

あまりに似ているので、「もしもハルが亡くなったら、この絵を見て気持ちを慰めよう」なんて
冗談のように言ったのを覚えています。
その時は、まさかハルが数ヵ月後に逝ってしまうなんて、ユメにも思っていませんでした。


届くまでに時間がかかり、手元にきたのは今年に入ってから。
近くで見るとやっぱりよく似ていて、大満足でリビングに飾りました。

ハルの病気がわかったのは、それからわずか半月後のこと。
















IMG_2266_20170627165012560.jpg

今もまだ捨てられず、いつもの場所に置いてあるハルの茶碗。

















IMG_6947.jpg

もう用のなくなった手作りのトイレ
入口は、病気になったシオンが入りやすくするために、飾りを外したのでこんな姿ですが
ずっと活躍してくれました。















IMG_2265_201706271650105f4.jpg

ハルの最後を支えたものたち。












IMG_6948.jpg

寂しくなっちゃったね、ハビ。



猫の話で恐縮ですが
今でも、未だに、寂しくてたまりません。

猫なので基本足音は立てませんが、夜寝ている時など「あ、来るな」という気配がして
少しするとボフッ!と布団に飛び乗ってきて
首元の布団を開けろとねだり、潜り込んできたものでした。

今、ひとりで寝ていると、あの“ボフッ!”という感触を思い出します。

いくら待っても、もう来てはくれないのですね。


ハルー。





P1080621_201706271714229a2.jpg




よろしければ、↓をクリックして応援してくださると嬉しいです!





熱い日々。

IMG_6945.jpg

ミニクグロフで、シンプルなバターケーキ。
バターの一部を植物油に置き換え、表面にはレモンのグラスをかけました。






















IMG_6944.jpg
型は千代田。
購入した方のレビューを読むと、だんだんと型離れが悪くなってしまうとありますが
今のところ全く問題なく、何も塗らないのにスルリとはずれます。
これが永遠に続くなら、あと2枚くらい買い足したい。本当に優秀!
















IMG_6941.jpg

どシンプルな焼き菓子ですが、これが大変美味しく焼けて満足でした♪





いつもありがとうございます(^o^)

“タイヘン中”の私ですが、もうひとつ厄介なことが起こっております。

それは…更年期障害!
1年前の春、いわゆるホットフラッシュという症状が出現し、
突然、顔の周り4方向から電気ストーブを当てられたように
カァーーーーッ!と熱く(この場合、暑くではなく熱くという表現がピッタリ)なります。
噂には聞いていましたが、これが想像以上に不快!
ママぽよでお馴染みの、青沼貴子さん著の「今夜もホットフラッシュ」にも描かれていますが
その場で服を脱ぎ捨てたくなるような、我慢のできない熱さです。

これが、多い時は20分に1回くらい(!)起こるのだからたまらない。
買い物に出かけても仕事をしていても、定期的に来る「カァーーーッ!」のせいで
しばし作業を中断し、ふーふー言いながら手近にあるものでパタパタと顔をあおぐ状態です。

あまりにも頻度が多いので、USB接続のミニ扇風機を買い職場のパソコンにつなげました(笑)。
最初は恥ずかしかったけど、今はもう開き直って「キタ!」と思ったらスイッチオン。
ブゥ~~~ン…と、不思議な羽音が響いてご迷惑だけど、今は許してほしい(^^ゞ

この状態、昨年の春と秋に2ヶ月くらい続きましたが、その間の夏と冬は全く症状がでなかったのです。
そして今年の春になって再び発症。現在ふーふー真っ盛り。
ということは…季節の変わり目に起こるのかな?
ならば、もう少し我慢すれば治まるかな~~治まってくれなきゃ困るな~~

いわゆるPMSというものも感じたことがなかったし(多分)、
息子ふたりの出産も軽かったので(多分)
根拠はないけど「自分は更年期症状もほとんどないに違いない」と勝手に楽観していたのですが
それは甘かったようです。

早く終わってくれ~~~っ!!






↓こんな旦那様がいたら、心強いよね…。





↓昨秋から飲んでいます。 もう少し安いとありがたいけど。







よろしければ、↓をクリックして応援してくださると嬉しいです!




来る日も来る日も

IMG_6926.jpg

アメリカンチェリーのマフィン
















IMG_6927.jpg

サッと煮たアメリカンチェリーが中にも入っています。
















IMG_6921.jpg
メープルの粒ジャムマフィン
















IMG_6920.jpg

メープル香料で、好き嫌いが分かれる気がする。



















IMG_6929.jpg

プレーンマフィン















IMG_6930.jpg

ポチッとひと粒乗っているチョコは…目印!
ふた通りの混ぜ方を試して焼いたので、わからなくならないように。





















IMG_6932.jpg
そして、金柑のマフィン。
甘煮にしておいた金柑をたっぷり混ぜました。
























IMG_6934.jpg


むか~し、憑りつかれたように毎日マフィンばかり焼いた時期があって、
もう気が済んだはずだったのに…再燃。

きっかけは、とあるお店の素晴らしく美味しいマフィンを食べたこと。
私にもあんな生地のマフィンが焼きたい!!と思い、配合や手順を少しずつ変えて試している。
これだっっ!(゚∀゚) というマフィンが焼けて、大喜びで配合や手順を書いて
次に作ると、アレ、なんか違う…ということもあり、ガックリ。


マフィンて、なんでこんなに手ごわいのかな~~(T_T)






いつもいつも、本当にありがとうございます!!

さて。
先週は、2つ不採用をもらいました。
条件を言える立場じゃないことはわかっているけど、いくつかの希望項目があります。
それらを満たす求人に出会えること自体がミラクル。
そこに採用してもらえるなんて、もうスーパーイリュージョン。


そんな曲芸レベルの展開、ムリ~~~

でも、ムリって思ったらそこで終わり。

気ばかり焦ります!!




よろしければ、↓をクリックして応援してくださると嬉しいです!






アラフィフの諦めとチャレンジ

IMG_6888.jpg

最後の苺でカップケーキ。
クリームはバニラバタークリーム。

YouTubeでマグノリアベーカリーのカップケーキデコレーション動画を検索していたら
レシピが出ているものを見つけたので、作ってみようと思ったのだが…

え? ええ!? と、二度見するレベルの大量の砂糖!
これはもはやバタークリームではなく、“バターの水分で作ったアイシング”!

怖気づいてしまい、大幅~~~に砂糖を減らした『腰抜けバタークリーム』に。
















IMG_6887_201706032219069a0.jpg

本当は、マグノリアベーカリーのカップケーキでお馴染みの、
パレットナイフだけでクルクルッと仕上げる塗り方を真似してみたかったんだけど
腰抜けバタークリームでは何度やってもうまくできず。
結局絞り袋に入れてしまいました(^^ゞ






↓これこれ




残念だけど、おいしかったのでヨシとします…。




いつもありがとうございます!
11年目にして、初めてデザインを変えてみました。
見にくいかな?どうかな??



前回は、つい泣き言を書いてしまいました。
私が直面している問題はいくつもあるのですが、その中には
書けばきっと、何人かの方には参考…というか励み…というか慰め…というか(^^ゞ
そんなものにはなるんじゃないかと思うネタ内容もあります。
違う名前で、この問題についての別ブログを始めようかなとも思ったのですが
何しろ今は気力も体力も枯渇しきっている
今は余計なことには手を出さず、何とかしてこのピンチを切り抜けて
来年も笑顔で生きていられるように頑張らなくちゃ…ですね!!



さて。
頑張らなくちゃいけないことは複数ありますが(^^ゞ、
ここに書けることとして「仕事」をどうするかってことがあります。

現在私はある団体の非常勤職員をしてるのですが、その待遇はほぼ県の定める最低賃金。
にも関わらず、正職員がどんどんどんどん仕事をふってくる。
正職員たちは、異動も外部からのチェックもないのをいいことに、休み放題。
パート労働法なんて、どこの国の話?という状態。
手厚い保証やボーナスの分はしっかり働いてほしいと思うんだけど
反抗すれば虐められて針のムシロになるだけなので、どの非常勤も我慢して耐えている。
いい年をして“丸くなる”ってことを知らない私は、
何度、上司を引っぱたきたくなったかわからない。

もう、転職ができるトシじゃないし、非常勤仲間は皆とても気持ちの真っすぐな人たちなので
このままでもいいか…とズルズル続けてきたけど
ここにきて収入を増やさなくてはいけなくなったのと、
「人生で最後の勤め先がこんな腐敗したところでいいのか?」という思いが強くなり、
昨年から積極的に仕事を探しています。
昨秋からは、簡単なものですがある資格取得の講座も受講し、夏には取得見込みです(^o^)
正直、ステップアップさせるのは絶望的ですが、諦めたらそこで終わりなので今週もひとつ面接の予定!

あ、このブログ正職員にバレてるかもしれないので、この記事アップしたら虐められるかも。
そしたらまたご報告しますね(笑)。


…というわけで、50過ぎて再び難航しまくりの職探しの日々なのですが…


実は、実は…ひとつぼんやりと抱いていた夢がありまして


戯言すぎて、多分ここでも書いたことがなかった(書く勇気がなかった)と思うのですが


              …店を始めたい  


などという…そんな思いが数年前からありましてね (^_^;)


店と言っても、作業は何もかも私ひとり。
店舗は作らず、通信販売だけで焼き菓子を売るような計画でした。
作れるものも数も限られているし、素人の個人店のものを食べたいと思ってくださる方が
どれくらいいるかもわからない。
中小企業診断士の方に相談したら
「趣味なら応援しますが、それを事業として考えるならおやめなさい」と言われました(笑)。
それでも諦められず、昨年春には創業補助金に応募!というチャレンジもしてみました。
それは見事玉砕し、更にその後トラブルが立て続けに起こり
一時は工事の見積もりを取るところまで進んだ店づくりは白紙になりました。
今思うと、店など始めていたら、こんな大変な時にもっともっと大変なことになってしまい
開店直後に閉店で借金だけが残る…なんてことになっていた気がするので、
結果としては良かったんだなと思っています。
良かったんだなと…思っています。


未練に思ってしまうのは仕方ないこと。
前を向かなくては!


明日、またひとつトシをとります。
よろしければ、↓をクリックして応援してくださると嬉しいです!