Paradox Kitchen~矛盾厨房~

おいしいお菓子は家で作ろう!

次の場所へ ②

IMG_7617_20180324165204002.jpg

少し前、ここ神奈川でまだ桜が咲く前のこと。
マーガレットの型でオレンジのケーキを焼いた。


















IMG_7622_201803241652063a3.jpg

紅茶にとてもよく合う。


























IMG_7619_20180324165205f46.jpg

春を待つ気持ちを込めたケーキでした。





いつもありがとうございます。

「うっわ~…あの人そんな事になってたんだ。オキノドク~💦」

…と、思われるのが悲しくて、中々書けなかった我が家のトラブル集(笑)ですが
書いてしまって少し気が楽になりました。


トラブルが起きるたび、当然ショックを受けましたが、
そのショックを整理しようとしている最中に次の問題が起こるうえ、
あのトラブルたちの中には、私自身に起きたことも複数ありました。
悲劇のヒロイン気取りのつもりはないけれど、
体に何本も矢が刺さったまま、抱えきれない岩を背負って
どちらへ行ったら良いか分からずグルグルと走り回っているようでした。
事情を知る友人たちが、後半には「もうかける言葉がない」と困っていました (^^;)

でも、友人たちには何度も助けられました。
ありがたかったのは、「前向きにならなきゃ」とか「気持ちを強く持って」とかの言葉で、
ヨレヨレの私の心を“矯正”や“指南”することは決してせずに、
状態をそのまま受け止めてくれた上で「こんな相談機関がある」とか
「この支援制度を受けてはどうか」「手続きはこうすればいいらしい」とか
具体的な救済の情報を提供してくれたことでした。
こちらにはもう、その支援や制度を調べて比較するエネルギーは残っていないので
代わりに情報を入手してくれたことは本当に助かりましたし
共に考えてくれている…と感じられると、孤独感が和らぎました。



辛かったことは(今もですが)、発達障害の家族と暮らすことの困難さが理解されず
多くの人たちにいとも簡単に否定され続けたことです。

「人間て大体そんなものでは?」
「個性的なだけでは?」
「昔なら問題にはならなかったことだよね?」
「気にし過ぎでは?」
「大げさに考え過ぎでは?」

肉体的疾患や障害に対してはあまり言わないであろう、これらの言葉を
何度聞いたかわかりません。
365日続くdis-communication中で、社会との均衡を図り続けることで生じる歪み。
それは想像するよりはるかに大きく強い苦しみです。
それらが理解されないだけなら仕方ないとしても、
こちらに問題があるかのような言葉まで浴びていると、次第に心が閉ざされ絶望してしまう…。
それが「カサンドラ症候群」です。
支援者が病んでいくのは、高齢者介護でも障害者介護でも起こり得る厳しい現実です。

発達障害については、昨今メディアでもよく取り上げられており
認知度や理解度が高まっていますが、当然ながらそれは表面的情報に限局しています。
実は、退職した福祉事務所で「発達障害者への理解を深める取り組み業務」を
行ったことがあるのですが
その担当者でさえ、私の体験を聞いて「大変さの理解が足りなかった」と驚いていました。

知らないことは罪ではありません。
私だって、様々なハンディキャップについて表面的情報しか知りません。

ただ、行き詰まっている人がいた時には、まずその人の気持ちを受け止めてから、
相手はどんな支援を必要としているか、自分には何ができるかを考えるようにしたいと
前にも増して強く思うようになりました。
苦しんでいる人に必要なのは、誰かの人生観や幸福論の演説などではなく
直面している困りごとを解決する糸口や、共感のある励ましではないかと思うのです。

奇しくも、新しい仕事は傾聴力や共感力も必要とされる業務です。
この数年間の経験を教訓とすることができれば、この地獄もムダではないかもしれません。


…でも、そろそろ終わりにして欲しいですけど!(^_^;)






次の場所へ

IMG_7670_20180324194338605.jpg

約6年勤めた福祉事務所を退職した。
最後の日、約50人の仲間に心ばかりの焼き菓子を包んで渡した。
メッセージシールもつくってみた♪










IMG_7666 (2)









IMG_3179.jpg

















IMG_7660.jpg
















IMG_7659.jpg


















IMG_7669.jpg

お世話になりました!!










IMG_3242.jpg

そして 新スタートです。
どこまで続くかわかりませんが、『進む』しか選択肢がないのだから
今はとにかく足を前に出すしかない。

10年後に笑い話にできるよう、こむら返りを起こしながらでも(笑)足を上げよう。






いつもありがとうございます。

書こう書こうと思いながら結局パソコンに向き合えず、4月になってしまいました。

この2年に5人家族の我が家に起こったことは…

ふたりか発達障害と診断され
ひとりが鬱と診断され
ひとりが癌となり
ひとりが吐血入院し
ひとりがアル中診断され
ひとりがアレルギーショック入院し
ひとりが脳動脈瘤と診断され
ひとりが職を失い
ひとりが暴行事件に遭い
愛猫が亡くなったのです。


私は駆けずり回りました。
看病と支援をしながら、思いつく限りの相談機関、専門機関に行きました。
派生するトラブルについてあちこちに謝罪に回り、弁護士にも相談しました。
開業を検討し、国の創業補助金申請の為中小企業診断士を探しチャレンジするも不採択。
ならばと就活するも、全く結果が伴わないために資格を取得。
何かに対応・対処していると次のトラブルがやってくる状態で、
何がなんだか頭の整理がつかなくなりました。



そして2018年春。
この多重問題に解決の光はまだ見えてきません。

ただ、少なくともふたりが“次の場所”に進みました。
その先が光につながっているのか、そこでまた倒れるのか、今は何もわかりません。
わからないことを考えても仕方がないので、とにかく「今日」を生きようと思っています。
確かなことはそれしかないから…。







書けない日々。

IMG_7655.jpg

今期最後かな。紅玉でアップルパイ。




















IMG_7653.jpg














IMG_7656_20180304213131f72.jpg





いつもありがとうございます。

いよいよ書けなくなってきました。
私にとって大切な場所、ParadoxKitchen
装わず正直に日々のことを綴ってきましたが
最近直面している出来事たちがあまりにも重くて
書いたらドン引きされるだろうし、ここの存在を知っている人もいるし
かといって、何もないような顔でおもしろおかしい絵空事日記を書くのも虚しいし…。
と、モヤモヤしているうちに、更新したいと思いながらどんどん日が経ってしまい息苦しいです。

でも、自分の備忘録としてこの2年のことを記しておきたい気持ちもあり
うまく文にできるかわからないけれど、春の間に書いてみようと思います。
書いたところで「それがどうした」的な、オチのない吐露に過ぎないと思うけれど
自分の気持ちの区切りの意味も込めて。






バレンタインの決心


IMG_7616.jpg

数台のチョコレートケーキを作りました。
これは、このレシピの卵を3つにして18センチ型で焼いたもの。
















IMG_7611.jpg

















IMG_7623.jpg

これは、型のサイズを間違えて薄くなってしまったガトーショコラに
ガナッシュを流してリカバリーしたもの。
食感が合わないか?と思ったけれど、意外にも良いバランスでした。


















IMG_7624.jpg

Happy Valentine's Day!





いつもありがとうございます!!

ものすごく寒いけど、日差しは確実に明るくなりましたね!

大殺界とやらのラストの年の私、最大級の猛嵐に見舞われています。
これを抜けたらきっと、本当に強くなれる気がします。


クリック応援してくださると嬉しいです(^^♪




ホットフラッシュ待ち

IMG_7603.jpg

頼まれもののレアチーズケーキ。
50年ぶりの寒波とやらで、本当に冷蔵庫の中にいるような毎日ですが
ケーキの表情は春らしくヽ(´∀`)ノ










いつもありがとうございます!

いや~~寒い!
私は事務仕事をしていますが、職場はとても古い鉄筋の建物で、
一日デスクに座っていると下からの底冷えで足が芯まで冷え、午後にはジンジン痛くなります。
そうなるともう全く集中できず、モゾモゾ体制を変えたり少し歩いたりして改善を図るもののほとんど効果なし。
そこで今年は、ヒー●テックのレギンスを履き、裏起毛のパンツを履き、更に上から防寒用の巻きスカート(ロング)を
装着し、とにかく下半身を温めるようにしてみたところ、中々の効果!
着ぶくれ感がすごいけど、これでこの極寒もなんとか乗り切れそうです。

職場の寒さも辛いけど、朝布団からでるのがまた辛いのなんの…。
冷え切った台所や洗面所に行くのも本当~にいや。
ところがですね、ありがたいことに(?)今はホットフラッシュという症状のおかげでラクに起きられる場合も。

私は起床時にホットフラッシュが起きることが多いのですが、
これが、この記録的寒波の朝でさえ「ダァーーーっ!」と布団をはいで
パタパタと身体をあおぎたくなるくらい熱く、汗までかくのです。
そこで!目覚ましが鳴ったら本日1発目のホットフラッシュを待つことにしました。
で、ボッと熱くなる感じがしたらその瞬間に布団から出て
急いでトイレに行って顔を洗って洗濯機を回す(笑)!ホットフラッシュ中なら全く寒くない(^O^)/!
すごいわ~ホットフラッシュ!少しは役に立つこともあるのね。


ただ、引いた後は汗が冷えて大変な冷たさに襲われるんですけれどね(笑)


クリック応援してくださると嬉しいです(^^♪






ぎゃーーーーーーーーーーー

IMG_7579.jpg

ホントに

ぎゃーーーーーーーーーーー!


















IMG_7577.jpg

今ごろこんなクッキー見せられても、
干支にちなんだ戌年クッキーとしての価値はすでに失われた、ただのアニマルクッキーにしか見えず
世のお菓子ブロガーさんたちの記事は、公現祭のガレット・デ・ロワの話題もとっくに終了し
すっかりバレンタイン一色になっているというのに。

















IMG_7580.jpg

年末年始、ブログ管理画面を開くこともなく、
きっともう、圏外の果てまで堕ちに堕ちているだろうなと思っていたのに。



今日、2018年になって初めて自分のブログを開けてみたら…
なんとまだ10位以内に残して頂けていましたよ…(T_T)






本当にありがとうございます 。゚(゚´Д`゚)゚。!










IMG_7582.jpg






本当にこんなに遅くなってしまいましたが…明けましておめでとうございます。
…松の内も過ぎ鏡開きも終わった今は「寒中お見舞い…」と言うのが正しいのでしょうが
新年初めての記事なので、こう言わせてください。
そして今年も、どうぞどうぞよろしくお願いいたします。

画像のクッキーは、職場のみんなへの「コトヨロクッキー」。
何度見ても犬種が分からずアイシングのデザインが浮かばず、ホントにただの焼きっぱなしですが
発酵バターを使ったので、香ばしくて美味しかったです(^^♪

ただ、これを焼くときに不思議なことが。

IMG_7584.jpg

同じ生地を同じ状態で焼いたのに、天板の中で1枚だけがこんな風に溶けてしまったのです。
何でだろう!!






さて…このParadoxKitchen、今月でなんと13年目に突入します!
書き始めた2006年は前回の戌年。つまり干支を1周しました w(゚o゚)w
あの時も、12年に一度という凶年だからなのか予想外の事件が多発した後でしたっけ。
それらを何とか乗り越えて、気分一新!のつもりで、COOKPADからブログに移行したのでした。

… ━(゚∀゚)━!

私にとって戌年は“再生”の年なのかも!?

そうなのかも!!




きっとそうだ!と思った方も思わない方も…クリックしてくださると嬉しいです(^^♪




今年も!ギリギリシュトーレン

IMG_7562.jpg

セーフ。(か?)














IMG_7560.jpg

昨年もクリスマスイブにギリギリシュトーレンという記事を書いたけど、今年もまた(^^;)全く同じイブにアップ。












IMG_7563.jpg





















IMG_7566.jpg

小さなギフト用には、スライスしたものを。




































IMG_7564.jpg

色々なことがあった分、色々な方に助けてもらった1年でした。







いつもいつもありがとうございます!

前回の記事で去年はクリスマスを楽しめなかったから今年は楽しみたい…みたいなことを書きましたが、
あれからまたひとつ騒動があったのですよ。もはや笑うしかない。

前回の記事を書いた数日後、母が緊急入院になってしまったのです。
2週間程度で退院できましたが、私はひとりっ子なので全てに対応するのは
私しかおらず、(@_@) な毎日でした。
年齢が年齢なので、退院はしたもののかなり弱ってしまい、ケアが必要な毎日です。

実は、11月に最終選考で落ちた求人がありました。
小論文やテストはまぁまぁの手ごたえがあったのですが(多分(^^;))、最後の面接で、
「もうすぐ90になる母がいるので、できれば勤務先は自宅から近いところを希望したい」などと
ちょっと余計なことを言ってしまいました。
現職場の先輩から「そういう事は採用が決まってから言えば良かったのに!」と指摘され
まさにそうだよな~と後悔しました。
でも、あの時の心配が早速現実のものとなってきたような気がします。
フルタイムで働きたいけど、そうしたら母に何かあった時どうすればいいんだろう。
現職場は福祉事務所なので、その方面の情報は充分あります。
しかしいくら情報があっても、こういう現状を変えることは簡単ではないですね~~。


クリック応援、ありがとうございます♪ (´_ゝ`)






シンプルを極める

IMG_7527.jpg

IMG_7511.jpg

粉・砂糖・卵・バターだけの、シンプルバターケーキ。
ベーキングパウダーも加えていません。
それだけに、工程は丁寧に。端正に。





















IMG_7515.jpg

IMG_7514.jpg

これが、おいしくておいしくて。



















IMG_7509.jpg

IMG_7524.jpg

IMG_7531.jpg


もうひとつ、やはりどシンプルなチョコレートバターケーキも焼いて、小さなギフトにしました。
差し上げる方に合わせて、ちょっと包み方も変えてみました。

私にはこういうものしか作れないから、ちっとも“映え”ないけど
喜んで頂けたので良かった!(´_ゝ`)





いつもありがとうございます!

大好きな12月です!
去年は、12月に入った途端にまさかの緊急入院になってしまい
クリスマスも暮れも感じられぬまま12月が終わってしまいました。

息子たちはすでに26歳と18歳で、クリスマスも何もないのですが
それでも何となくウキウキと、特別なお菓子などを焼きたくなるのです。
きっとこれは、いくつになっても変わらないと思います。

晴天の霹靂だった昨年に引き続き、色々あった、あり過ぎた2017年。
お世話になった方たちと頑張った自分の為に、美味しいお菓子を作って
最後くらい笑って過ごしたいです ( ◠‿◠ )


クリック応援、ありがとうございます♪ (´_ゝ`)