6×6の暗記マフィン
 2006.10.20 Fri
written by a tsu
洋菓子研究家・加藤千恵さんの作り方を参考に、
どんな脳ミソでも忘れようがない配合にした「とっさのマフィン」
焼きたてはフワフワでとても優しいマフィンになりました。

SANY03006_1.jpg



( 7センチのマフィンカップ6個 )
バター 60g
砂糖 60g
卵 L1個(60g)
薄力粉 120g(60×2)
BP 小さじ1
牛乳 60cc


1   バター、卵、牛乳は室温に戻しておく。粉とBPは合わせてふるっておく。ボールにバターを入れてホイッパーでよく練り、砂糖を加えてよくすり混ぜる。
2   ときほぐした卵を加えて更によく撹拌してから、粉と牛乳を交互に加え、つやが出るまでよ~く混ぜる。
3   用意したマフィンカップに分け入れ、180度に予熱したオーブンで約25分焼く。さっと煮たベリーやチェリー類、またはラムレーズンを入れると最高に美味しいです。
10:20:56 | マフィン | comments(2) | trackbacks(0)
プレーン・マフィン
 2006.02.25 Sat
written by a tsu
ちょっと苦労した基本のマフィン。




直径7センチのプリンカップ6~7個分
薄力粉  150g
BP  小さじ1
有塩バター  40g~80g
砂糖  70g
牛乳  120cc
卵   L1個

【 1 】 ボールにバターを入れて室温で柔らかくし、砂糖を加えて充分にすり混ぜます。別の容器に溶き卵と牛乳をよく混ぜて室温にしておきます。

U27365R119774S568176.jpg
【 2 】  バターのボールに薄力粉、BP、塩を合わせてふるい入れます。ホイッパーの先をボールの底につけたままで、ドリルのようにホイッパーをゆっくり回すようにします。
生地がホイッパーの中にこもってしまったらトントンと落とし、またグルグルッと合わせるように全体を合わせ、粉とバターをそぼろ状にします。バターの大きな塊が残らないように、練らずに細かいツブ状になるようにして下さい。





【 3 】 2に合わせておいた卵牛乳を加えて、ヘラで手早く混ぜます。ボールの内側にヘラを沿わせるように大きく混ぜると、すぐに水分が吸われます。ダマがいっぱいありますが気にせずに、ボールの底にシャバシャバした水分がなくなればもう混ぜ終わりです。(アッと言う間です)



U27365R119774S568178.jpg

【 4 】 生地のできあがり。ダマだらけでOKです。濃度はこんな感じです。紙を敷いた型の8分目まで流し入れ、190度に予熱したオーブンでうっすらキツネ色になるまで20~23分焼きます。(オーブンによって焼け具合がかなり違うので、目で確かめながら焼いて下さい)


【配合について】     
バター40gというのは「美味しく作れる最低量」です。カロリーを気にしないなら、80gで作る方が美味しいです。     
砂糖はチョコチップなどを加える場合は50gまで減らしてもOKです。

21:26:51 | マフィン | comments(47) | trackbacks(3)
ダブルチョコ・シナモンマフィン
 2006.02.07 Tue
written by a tsu
SANY0014_2.jpg



( 直径7センチのプリンカップ6個分 )

バター … 80g
純ココア … 30g
砂糖 … 100g
薄力粉 … 120g
BP … 小さじ1
シナモン … 小さじ1/2
卵 … L1個
牛乳 … 100cc
チョコチップス … 70g

【1】 型にはマフィン型を敷いておく。材料は全て室温に。オーブンは180度に予熱。粉とBPとシナモンは合わせてふるっておく。
卵を溶き、牛乳とよく混ぜておく。

【2】 ボールに柔らかくしたバターを入れ、砂糖とココアパウダーを加えてよく練る。ここで完全にココアのダマをなめらかにしておくこと。

【3】 そこにふるった粉をもう一度ふるいながら加え、ホイッパーで混ぜ合わせる。すくってはホイッパーにこもった粉&バターをトントンと落とすのを繰り返す感じで、全体をポロポロの状態にする。

【4】 粉とバターが粒状によく混ざったら、卵牛乳とチョコチップスを加えてホイッパーで大きくゆっくりと混ぜ合わせる。

【5】 大体なめらかになったら型に流し入れ、25分前後焼いて出来上がり。

16:39:29 | マフィン | comments(13) | trackbacks(2)
back | HOME |