我が子に励まされるアラフィフ
 2010.11.10 Wed
written by a tsu
IMG_1913.jpg

象あざらし?













IMG_1914.jpg

型が小さい…と思いつつ無理やり焼いたら大噴火!のカボチャクリームパン。














IMG_1915.jpg

残ったクリームに適当に手を加えてできた“即興かぼちゃの焼き菓子”
レシピ不明ゆえ二度と制作不可。

そういうものに限って妙に美味しかったりする









時々、人気の高いお菓子やパンのブログ巡りをする。

私の“お気に入りフォルダ”に登録してある「パン」「お菓子」のブログ・HPは相当な数だが
それでもまだまだ、新たに素敵なサイトを発見する。

プロ・アマ・女・男 様々な方たちが様々なベイキングを綴っているが、どの方も本当に素晴らしい。
技術やセンス、アイデア…とてもじゃないが、私には真似すらできないようなものばかり。

感心と憧れの気持ちでウットリとそれらを眺め、そしていつも少し落ち込む。
ネガティブな上に陳腐な言葉だが、時間を巻き戻せたら…と、過去の自分の怠惰さを悔やむ。

昨夜も、パン作りをライフワークになさっているある方のブログにたどりつき、
その方が数年前は初心者だったこと、そこから猛勉強をして様々なアクションを起こされたこと、
そして、今がとても充実なさっているらしい内容を拝見し、しみじみと画面に見とれていた。

と、その時

そのブログの過去の記事の中に、なんと自分の名前を見つけたのである。
私の名前と、私が昔クックパッドに乗せたいくつかのお菓子の大ファンだという記述があったのだ。

すごく驚いて下へと読み進むと
その記事へのコメントに、「自分もあのお菓子が大好きでよく作る」という別の方の書き込みもあった。



何だか

胸が熱くなった。



私は今、いくつかの事に行き詰まり、少しエネルギーが足りない。
つい「~たら~れば」的発想で凹んでしまい、身動きが取れずにいる。
こんなんじゃいけない!と理屈は充分理解しているのに、どうして良いか分からない。

自分で自分が信用できないのだ。


そんな、行き詰まりオバチャンに、昨夜のブログの記事は「しっかりしなさいよ!」と
声をかけてくれているような気がした。
「諦めるな!」と叱咤しているような気がした。


そのお菓子は、ただでさえ単純なお菓子ばかりの私のレシピの中でも特にシンプルなもので、
複雑なもの、技巧的なものが苦手な私に
「変な無理をせず、いつも通りシンプルなものを作っていればいい」と言っているようにも思った。


何だか、我が子に励まされたような気がした。





いつもありがとうございます!

このブログの存在が、一部のリアルの方にバレているもので
ややこしい話を書くのは、赤っ恥を宣伝しているようなもので躊躇します

が、時々、ちょっとずつ、迷子のアラフィフの呟きを聞いてやってください。
笑うもよし、参考にするもよし、うんざりしたらどうぞ右上の『閉じる』ボタンを押してください(笑)


ひとつずつクリックして頂けると励みになります! m(_ _)m

banner_04.gif



15:33:04 | ココロ | trackbacks(0)
trackback
http://atsu3.blog46.fc2.com/tb.php/332-d805eefe
| HOME |