Category

猫と犬 1/10

秋の夜

ハルが私の腕から去ってしまって半年が過ぎました。ベッドは好きだけど、無人のベッドではなく私が寝ているところに入ってくるのがもっと好きで、私がいつ横になるのかを、様子を伺いながら待っていたものです。いつになったら慣れるかな。いつもありがとうございます。ハルの事を思うと今でも泣けてくるので、あまり考えないようにしているのですが最近少し涼しくなってきて、もしハルがいたら、私が寝るのをきっとウズウズ待って...

  •  -
  •  0

ハルの残したもの

アンリ・ルソー の「トラ猫」ひと目見て、毛の色から不機嫌そうな目つき、何となく運動神経が良くなさそうな前足の置き方までとにかくハルにそっくり!!と思い、去年の晩秋にポスターを探して注文しました。あまりに似ているので、「もしもハルが亡くなったら、この絵を見て気持ちを慰めよう」なんて冗談のように言ったのを覚えています。その時は、まさかハルが数ヵ月後に逝ってしまうなんて、ユメにも思っていませんでした。届...

  •  -
  •  0

癒えぬ日々

ケンタッキーフライドチキン風ビスケット。サクサクでとても美味しいです。いつものスコーンとはまた違った食感で、これもまたヨシ。これはオーソドックスなベイクドチーズケーキ。頼まれものがあったので、予行演習として焼いたもの。もう少し酸味があった方がいいかな?そしてやっぱり、土台にクッキーがあった方がいいかな。いつまでも同じ話で恥ずかしいですが未だ、ハルの死を乗り越えられずにいます。ふと部屋の向こうに目を...

  •  -
  •  0

ハル

ハルは逝ってしまいました。我が家はリビングが2階にあるのですが、数日前から1階を好むような様子を見せたので1階の空き部屋に寝床を作ってやり、そこで過ごしていました。亡くなる前日、私の仕事中に次男から「ハルが何だかおかしい、死んじゃうよ!」と電話がありました。慌てて帰宅すると、もうほとんど寝たきりで声も出さなくなっていたハルがヨロヨロの足取りであたりを歩き、声にならない声で鳴き続けていました。とにか...

  •  -
  •  0

ハルが想い出になる日

ハルに病気が見つかった。医師に、治ることはないだろうと言われた。残された時間も、そう長くないと言われた。もっとずっと、ずっと一緒にいられると思っていた。一緒にいたかった。今は一日中ハルのことを考えている。...

  •  -
  •  0