ハル
 2017.03.25 Sat
written by a tsu
IMG_2273.jpg





ハルは逝ってしまいました。


我が家はリビングが2階にあるのですが、数日前から1階を好むような様子を見せたので
1階の空き部屋に寝床を作ってやり、そこで過ごしていました。

亡くなる前日、私の仕事中に次男から「ハルが何だかおかしい、死んじゃうよ!」と電話がありました。
慌てて帰宅すると、もうほとんど寝たきりで声も出さなくなっていたハルが
ヨロヨロの足取りであたりを歩き、声にならない声で鳴き続けていました。

とにかく輸液をしてやらなくてはと、次男と点滴をし、寝床を作り直す為のタオルやオムツを買いに出ました。
2時間くらいして帰宅すると、1階にハルの姿がありません。
まさか…と思って階段を上がると、ハルは2階に上がりきったリビングのドアの前でうずくまっていました。
『ハル!!』と私が声をかけると、ゆっくりこちらを見て、かすれた声でひと声鳴きました。

もうまっすぐに立つこともできず、2~3歩歩くと倒れてしまうというのに
一体どれだけの時間をかけて、一体どうやってこの階段を上がって来たのかと思うと
涙が止まりませんでした。

しばらくして、トイレに入ろうとしたものの用を足すこともできず
猫砂の中に倒れこんで動けなくなってしまったので、そっと抱き起してオムツをつけて
紙箱の中に新しいクッションとフワフワのタオルを敷いて、その晩は寝かせました。


翌朝起きて見に行くと、ハルは旅立っていました。
箱から出ようとしたらく、上半身だけが箱の外に出ていて、頭から床に倒れこんで動かなくなっていました。
どこへ行きたかったのか、前足は宙をかくように伸びていました。

逝って間もなくだったのか、ハル!ハル!と呼びながら抱き起すと
身体はまだ柔らかく、眠っているようでした。
泣きながら身体を丸めていつもの寝姿と同じに整えて、目を閉じてやりました。

その日は、次男の通う学校に行く用事があったのですが
車で学校に向かう途中、何度も涙で前が見えなくなり、停車しては深呼吸をしました。

帰宅して、花を供え、ずっと撫でていました。
いつもと同じ手触り、安らかな顔、本当に眠っているようでした。
かわいそうで悲しくて、目の前のハルがもう目覚めないなんてどうしても信じられなくて
どこからこんなに出てくるのか?と思うくらい涙が止まりませんでした。




IMG_2259_convert_20170325134129_20170325134520ac3.jpg




7年前の春シオンを亡くし、ハルも逝ってしまいました。

ペットを飼っている方は皆さんそうではないかと思いますが、「その子」ではなくてはダメで、
今、まるで子どもを亡くしたような喪失感に打ちのめされています。
もう、呼んでも来ないなんて、2度と会えないなんて、まだ受け入れることができません。
もう1度ハルに会いたい。もう1度あの子を撫でたい。もう1度あの子と一緒に眠りたい。

今は、ハルが好きだった場所を見ては泣き、ハルの残した物たちを見ては泣いています。
部屋のすみや、私のベッドや、ドアの後ろから現れるような気がして
でも、そんな事はもうないんだと思い知る繰り返しで、どうやって心を整理していいのかわかりません。





IMG_5388_SP0000_20170324231816387.jpg











SANY0007_0.jpg














ハルまくら














IMG_1917.jpg
















IMG_2273.jpg








14:07:56 | 猫と犬 | trackbacks(0)
ハルが想い出になる日
 2017.02.19 Sun
written by a tsu
IMG_6630.jpg

ハルに病気が見つかった。
医師に、治ることはないだろうと言われた。
















IMG_6617.jpg

残された時間も、そう長くないと言われた。


















IMG_6620.jpg

もっとずっと、ずっと一緒にいられると思っていた。

一緒にいたかった。

今は一日中ハルのことを考えている。














22:25:27 | 猫と犬 | trackbacks(0)
ハルの寝支度
 2016.07.31 Sun
written by a tsu
IMG_6048.jpg

お暑うございます。

























IMG_6047.jpg

夏の午後、私はこの素敵なカゴでお昼寝をしたいと思いました。















IMG_6046.jpg

若干、私には小さいような気もしますが、大丈夫でしょう…アレ?






















IMG_6045.jpg

…こうか?




































IMG_6042.jpg

くっっ……



















IMG_6044.jpg

えっと…
















IMG_6041.jpg

思っていた感じと少し違います。















IMG_6051.jpg

何がいけないのでしょう?



























IMG_6053.jpg

こうか!?












クリックしてくださると励みになります。↓



23:51:15 | 猫と犬 | trackbacks(0)
お目覚めハル
 2012.09.19 Wed
written by a tsu
IMG_5662.jpg

『え?』









IMG_5663.jpg

『もう朝?』









IMG_5668.jpg

『まだ』











IMG_5667.jpg

『まだーー』










IMG_5665.jpg

『眠いんだけどーー!』












IMG_5666.jpg

『はいはい起きますよ…』
















IMG_5669.jpg

『よっこら』












IMG_5670.jpg

『しょっと…』








IMG_5672.jpg

『目覚めの爪とぎ』














IMG_5674.jpg

バリバリバリ…と















IMG_5676.jpg

『では、おやすみなさい。』






いつもありがとうございます!


↑実際の流れのままの画像です。

ハル~~~!!
1ヶ月くらい、私と替わって~~~!! 

…来世の夢は「飼い猫」。




ひとつずつクリックして頂けると励みになります m(_ _)m


banner_04.gif











16:58:09 | 猫と犬 | trackbacks(0)
ハビと食を楽しむ
 2012.05.07 Mon
written by a tsu
IMG_5230.jpg

豆乳とベリーのケーキ











IMG_5231.jpg

紫イモと豆乳のケーキ











IMG_5232.jpg

カボチャのムースケーキ


手作り感たっぷりの、これらのケーキ…
なんとペット用である。

試供品で頂いたのだが、どうやら人間も食べられるらしく「愛犬と一緒に食を楽しむ為に開発しました」とある。

愛犬と一緒に食を、ねぇ~~…
並んで食べるわけにもいかないけど…。

ま、とにかく犬に食べさせる事を前提とした品物なのだから、登場して頂きましょう。彼女に。













IMG_5238.jpg

ケーキだろうと、とりあえず待たされる。
















IMG_5236.jpg

『まだですか』
















IMG_5243.jpg

『なんだろこれ』















IMG_52441.jpg

『うまっ!!!』
















IMG_5245.jpg

『ねぇねぇ、なんか美味しいですけどコレ!』















IMG_5249.jpg
IMG_5253.jpg

『たまらん』














IMG_5255.jpg

『は~うまかった。また呼んでね~~。』


アッと言う間に食べ終わり。
一緒に食を楽しもうにも、スピードが追いつかないです。






いつもありがとうございます!

ちなみに、ベリーと豆乳という商品のクリームを、恐る恐るなめてみました。
普通に甘酸っぱくて美味でした。


ひとつずつクリックして頂けると励みになります! m(_ _)m


banner_04.gif

16:44:51 | 猫と犬 | trackbacks(1)
| HOME | next