迷いのマドレーヌ
 2016.10.27 Thu
written by a tsu
IMG_6421.jpg

少々焼きムラが出来ちゃった。
マドレーヌはホタテよりもこの縦長の貝の形が好き。












IMG_6422.jpg

これは、卵をホイップさせずアーモンドの粉も入れず、かためで目の詰まった昔風のタイプ。

某所で、あるご婦人が“昔のマドレーヌが食べたい”とおっしゃったので焼いてみた。
レシピは特に変わったところがあるわけでなく、ごくありふれた配合だけど
丁寧に混ぜることで生地の食感が変わる気がする。












IMG_6425.jpg

たくさん焼き過ぎてしまったので、袋に詰めて職場へ。
脱酸素剤などは入れてないので、お早目にどうぞ~。













IMG_1986_20161027170002026.jpg

ちょっと話が変わりまして…

先週、某所にて焼き菓子を作ってきました。
堅苦しい雰囲気は全くなかったけど、大げさに言うと「実技試験」的な場

この後、オーナーをはじめとするエライ方たちに試食して頂きました。
皆さんの感想はわからないけど、とにかく良い経験になりました!

進展するようなことがあったら、またここで書きますね♪






いつも本当にありがとうございます。

混乱の10月ももう終わり。
11月12月も引き続き混乱を予定しております (笑)

自分に本当に何が向いているのかわからない…って、コレ20代くらいの人のセリフですよね (^▽^;)
婆さんが何を言っているのか (笑)
若い時は、時間が無限にあるような思い違いをして
今日が楽しければいいじゃない?的な、向上心のかけらもないい生き方をしてきた私。
子育てが一段落しかけてきた今になって、やっと残りの人生をマジメに考えるようになりました。

でもねぇ、ちょっと遅すぎるよね。積み重ねてきたものが何もないときてる。
いや!でも!遅すぎかもしれないけど、考えないより考える方がマシだよね。

…↑こんな心の声たちがやかましい、2016年の秋です。


よろしければクリックで応援してくださいませ~~~~ ( ノД`)




17:28:57 | バターケーキ | trackbacks(0)
エダムチーズが香ばしいケーキ
 2015.09.23 Wed
written by a tsu
IMG_5275.jpg

チーズが入った、濃厚な風味のパウンドケーキ。
クリームチーズではなくエダムパウダーを加えているので、インパクトのある香りと塩気。
好き嫌いが分かれそうな味だな。













IMG_5273.jpg

COOKPADに載せていた時は、生地と良くなじむようにと、
先にエダムパウダーを生クリームで練って、ペースト状にしてから加えていた。
今回は簡単にしたくて、ダイレクトにパウダーのまま加えてみた。

風味は、「チーズ!」という感じで気に入ったんだけど、食感が少々粗い。
やっぱり生クリームを加えた方が良いかな?

ちなみに、エダムパウダーを加熱して溶かして加えてみたらどうだろう?と
試してもみたが、溶けたあとすぐに一体化してチーズの塊になってしまい
とても混ぜられる状態ではなかった。
考えたら当たり前だよね(^^ゞ 塊のチーズをおろしたものなんだから。

塩気が強いからか甘味もくどく感じられるので、砂糖を控えてみた。
焼けたチーズが香ばしい、個性的な風味となった。
ドライブルーベリーを加えて、朝食向きのケーキ…という感じかな?
試作中ではありますが、レシピを書いておきます。


エダムチーズパウンドケーキ

◆無塩バター   100g
◆砂糖   80g
◆エダムチーズパウダー  60g
◆卵  2個
◆薄力粉  80g
◆強力粉   40g
◆ベーキングバウダー 小さじ半分
◆牛乳 大さじ1
◆ドライブルーベリー30g

① 材料はすべて室温に戻す。粉類は合わせてふるっておく。
② 大きめのボールにバターと砂糖とエダムチーズを入れて、ハンドミキサーでよく練っておく。
③ 割りほぐした卵を少しずつ加え、ホイップ。
④ 粉類をもう一度ふるいながら加えて、ヘラに持ち替えサックリ混ぜる。
⑥ 牛乳を加えてサッと混ぜ、好みの具材(今回はブルーベリー)も加えて丁寧に(でも練らずに)混ぜる。
⑦ 型に流し、170度に予熱したオーブンで25分、160度で20分焼く。














IMG_5280.jpg

角食作りも続いております。
完成度はともかく、とにかく自家製角食は美味しい!(ように思う)
焼き上がって蓋を開ける時のドキドキも楽しい♪








エダムチーズパウダー100g

エダムチーズパウダー100g
価格:475円(税込、送料別)









いつもありがとうございます!

夏のはじめから楽しみにしていた(笑)秋の連休も終わっちゃった…。
明日から何を楽しみに生きましょう。

この連休中に、製菓用品と服の断捨離をして量を半分にする
…とメラメラしていましたが、ちっともはかどらず。

ひと部屋空けて「菓子作り部屋」にしたいなどという構想には
あと何十年かけても近づけそうにないです、はい。



下のバナーをひとつずつクリックして頂けると励みになります! m(_ _)m 


banner_04.gif

13:21:52 | バターケーキ | trackbacks(0)
秘密のサワークリームケーキ レシピつき
 2015.08.25 Tue
written by a tsu
IMG_5187.jpg

どうやらできました♪♪

前回あと一息!という感じだったところを注意して焼き直してみたら
ほぼ納得できる焼き上がりになりました。

失敗を連発していた時は、する気にもならなかったけど
「多分だいじょうぶ」と感じたので、カットする前にアイシングとブルーベリーでおめかし。













IMG_5192.jpg

うんうん!大丈夫だ!ホッとした~。











IMG_5195.jpg

おいしそう♪















IMG_5193.jpg

こんなシンプルなものに、苦戦したなぁ~…。
なんという事のないレシピですが、ちょっとしたマル秘ポイントもあるので。作り方をご紹介します。
そして、以前載せた「クランベリーとサワークリームのケーキ」のレシピと差し替えました。









爽やかサワークリームケーキ 18センチパウンド型1本分

◆バター   60g
◆砂糖   100g
◆サワークリーム 100g
◆卵  2個
◆薄力粉  100g
◆強力粉   50g
◆ベーキングバウダー 小さじ半分強

◆好みのフルーツなど。今回はブルーベリー70g

① 材料はすべて室温に戻す。粉類は合わせてふるっておく。
② 大きめのボールにバターを入れて、ハンドミキサーでマヨネーズ状に練っておく。
③ 小さなボールに卵を割りほぐし、砂糖を加えて②で使ったミキサーで撹拌する(洗わなくてOK)。
   フワフワに泡立てなくても良いが、しっかり砂糖がとけてふんわりする程度に。
④ バターのボールに③を少しずつ加え溶きのばし、なめらかに混ざったら
   サワークリームも加えて均一なクリーム状になるまで撹拌。
⑤ 粉類をもう一度ふるいながら加えて、ヘラに持ち替えサックリ混ぜる。
⑥ 好みの具材(今回はブルーベリー)を加えてサックリ混ぜる。
⑦ 具材が均一に混ざったら型に流し、170度に予熱したオーブンで50分焼く。

※ 具材を加えるときにレモン汁小さじ2にクエン酸小さじ1/3をよく溶かしたものを入れると
   酸味が増して一段と爽やかになります。
   クエン酸は入れなくても良いのですが、酸味が好きな方は好みで加えてください。
   レモン汁で酸味をつけようとすると水分過多になってしまうので、昔から色々なお菓子に使っています。
   ほんの小量でもかなり酸っぱいので、キッチリすりきって量って入れてください。
 
※ プレーンなパウンドケーキの時のように「ツヤが出るまでよくよく混ぜる」よりは
   控えめな混ぜ加減にしてください。
   粉気がなくなったらすぐに果物を加え、均一になったあと3~4回混ぜればOKです。

※ 冷蔵庫で少し冷やして食べても美味しいです。(冷やしすぎると硬くなるので注意)






いつもありがとうございます!


やれやれ、今回は苦労しました。
似たようなレシピは世間にたくさんあり、どれも問題なくおいしそうに焼けているので
もしかしたら配合の問題ではなく「焼成」とか「混ぜ」が何か良くなかったのかな?
とにかく失敗作を量産したのは事実で、凹みました。

出来上がったこのケーキ、強い個性はないですが個人的には大好きな味です。
よろしければ試してみてくださいね。




下のバナーをひとつずつクリックして頂けると励みになります! m(_ _)m 


banner_04.gif

02:38:48 | バターケーキ | trackbacks(0)
激闘!サワークリーム
 2015.08.19 Wed
written by a tsu
IMG_5184.jpg



久しぶりの更新だと言うのに、
またまた毎度おなじみの、変わり映えしない焼き菓子画像…。


しかし!


今回は、作った本人にとっては感慨深い姿なのです。この写真。



この2週間ワタクシ、夏バテしていたわけでも旅行に行っていたわけでもなく
この、一見な~んの変哲もないパウンドケーキを何本も焼いていました。
何故なら、焼いても焼いても失敗したから。
これでダメならもうやめようかな…と思った時、
かろうじて成功と呼べそうな焼き上がりになったのが、この画像です。

どんなケーキを焼いていたかというと…
数年前にレシピを載せた、このサワークリームのケーキです。
夏向きの焼き菓子を作っていて、「あ、久しぶりにあれも焼こう」と思ったのですが
なんという事か、焼いても焼いてもカットすると油シミが…。

バターの量を変えたり粉を変えたり卵を減らしたりと、何度も焼き直すものの
まったく改善されない!
中には、まさに羊羹のごとく中が全部半透明になっていたものもありました。

このレシピの文中にも、羊羹みたいになった失敗について触れていて
抜け出せたものと思っていたのに、やっぱりダメだったのです。
サワークリームや生クリームという、水分多めの乳成分を加えた生地を
うまく扱えないのですね。
なんでこのレシピを書いた時はちゃんと焼けたんだろう?
そして、水分が多い生地の代表選手の「マフィン」では、こんな風に羊羹状態になることはない。
どーーーしてバターケーキの時だけこうなるのだろう!?なんで!?
ネットで調べても、ピンとくる情報がない。

他のケーキでこういう事になることはまずないので、悔しくて悔しくて。
肝心のサワークリームを減らすことなく、何とかして成功させたくて
ムキになって何度も焼き直しました。

あ~~、失敗画像もとっておけば良かった!











IMG_5179.jpg

で、格闘すること7本目がこのケーキなのです。












IMG_5178.jpg

カットする前は「きっとこれも切ったらガッカリなんだろうな」と思ったけれど


























IMG_5181.jpg

やった!!
油しみ、ない!
羊羹になってない!!


普通の断面画像がこんなにも嬉しいなんてーーーーーー (^o^)



でも、これで終わりではありませんよ。
このままでは「ただの偶然の成功」ってだけ。
レシピを載せてる以上、失敗の原因と対策を理解しなくちゃね。

というわけで、おなじ配合でもう2回焼いて、思い当たることを試してみようと思います。
それでうまくいけば、この「サワークリームケーキとの闘い」も終わったと言える気がする…。

がんばるぞー!





いつもありがとうございます!

後半はサワークリームも手作りしました。
その方が若干コストを抑えられるから。

失敗作も半分くらいは責任をとって食べましたが
ゴミ箱行きになったものもあり、さすがに自己嫌悪に。。

無駄にしない為にも、完全成功を目指すぞ~!


下のバナーをひとつずつクリックして頂けると励みになります! m(_ _)m 


banner_04.gif


23:58:06 | バターケーキ | trackbacks(0)
オレンジのプチケーキ
 2015.05.20 Wed
written by a tsu
IMG_5073.jpg

オレンジのプチケーキ。
















IMG_5074.jpg

中にも自家製オレンジピールが入っています。














IMG_5076.jpg

たくさんできました。

焼いても、その果物らしいフレッシュさと存在感を残すオレンジ。
おかげで可愛いお菓子になりました♪

この生地で焼きました→







いつもありがとうございます!

頭の神経痛でダウンしていました。
頭の神経痛というと、ほとんどの人が「ナニソレ!」という反応をするんですが…
「後頭神経痛」という名前がついた、れっきとした(?)神経痛の仲間らしいです。

で…これがまぁ、痛いのなんのって!!

数分おきに、後頭部のどこか1点を
アイスピックでひと突きされるかのような激痛が走るんですよ。
痛いのは1秒程度で、痛みと痛みの間は全く何ともないんだけど、
そのあまりの鋭さと唐突さで

ア゛ッッ!!

とか

グアッッ!!

とか、叫んでしまうほど辛い。
そして鎮痛剤が効かない。


私はひどい片頭痛もちで、年中ズキズキ頭痛がし、時には寝込むこともあるけれど
まだその方がマシかもしれない。
この神経痛は、痛み方といい強さといい、何か精神を破壊するような絶望的な破壊力があります。


年に3~4回しかおきないとは言え、
これが始まってしまうと、もう何もできないと言っても過言ではなく
横になってもなお「ギャッッ!」とか「グッッ!」とかいいながら
ひたから治まるのを待つだけ…。
今回は一晩寝ても治まらず、二日目の今ようやく引いてきました。
あ~~助かったよ…。

お灸とか鍼がいいのかなぁ~。でも怖いなぁ~。

足がつったり神経痛になったり、どれも何だかトホホな症状ばっかり。




下のバナーをひとつずつクリックして頂けると励みになります! m(_ _)m 


banner_04.gif

18:31:11 | バターケーキ | trackbacks(0)
| HOME | next