FC2ブログ

Paradox Kitchen~矛盾厨房~

おいしいお菓子は家で作ろう!

再生へ

IMG_7918.jpg

お久しぶりです!




















IMG_7919_201812231324577f0.jpg

夏の終わりにダウンして、気づけばクリスマスも終わってしまいました。
フルーツケーキもシュトーレンもクリスマスケーキも、何ひとつ作らなかった12月なんて
大人になってから初めてかもしれません。


























IMG_7916.jpg

そんな中、本当に久しぶりに焼いたお菓子は、大好物のアップルパイ。
自分好みの、少し硬めのザクザクとした生地が美味しいと思っています。







改めて…
皆様、ご無沙汰しておりました!


この記事→★で、自分の身辺が色々と騒がしくて大変だとぼやいたのが2016年の春のこと。
この時私は『来週がひとつのヤマかな~。』などとつぶやいています。

しかしとんでもなかった!
その後もトラブルは続き、その年の暮れには入院騒動があり
その時の記事→★では、“これが災難のトドメとなって厄落としになるかな”などと言っています。
しかし今思えば、2016年はまだまだ悪夢の序章に過ぎませんでした (^_^;)

2017年は、自分に新たな病気が見つかり、ハルを喪い、
そして一番の大波である、家族達の問題が切れ目なく襲い掛かってきました。

家族たちが次々起こすトラブルの後始末と謝罪のために
私は学校や職場に幾度となく出向き(又は呼ばれ)ました。
「どうか彼らに挽回のチャンスを与えてやってほしい」と頭を下げました。

そしてそれらをしながら、近い将来自分が経済的危機に陥ることを予想して、
本格的な転職活動も始めました。
同時に、少しでも転職のプラスになるよう、資格取得も始めました。

また、トラブルを起こす一方で、家族たちが被害者になる事件も起こり
資料や証拠を揃え、加害者、組織責任者、そして行政と闘わねばならないこともありました。

秋には姑が急逝し、12年間絶縁状態だった嫁ぎ先と再会することになり、
年末には90歳になる私の母が突然の吐血で緊急入院し、連日の付き添いと介護。
並行して仕事と就活も行っていました(不採用続きでしたけど (^^;))。

見かねた友人が、こんなところに誘ってくれて、厄を払う皿割りなるものをしたのもこの時期です。


年が明けるのをこんなに待ったこと、今まであったかな~~。
何の根拠もない、ただの気分の問題に過ぎないんですけど、
何となく「年が変われば」「来年になれば」少しは何かが好転してくれるんじゃないだろうかと、
祈るような気持ちで閉じた2017年でした。


そして2018年…。
今年こそ、何とか浮上できる年にしたいと祈る気持ちで迎えたお正月に
何気なく観ていたテレビで、「血液型と星座を組み合わせた全48種類の今年の運勢」
というのをやっていました。

何度か書いていますが、占いの類に興味のない私。
その時もぼんやり観ていたのですが…


え!? うそ…。






FullSizeRender_201812301244054ab.jpg



48種中48番目。

まさかの運勢最下位とのお告げ!(ToT)  

諦めの1年!? うっそ~~ん…。



以前にも書きましたが、2016年から2018年は大殺界でもあるワタクシ。
すでに限界超えてる気持ちだったけど、まだも試練が用意されてるってことなの!?
一体どこまで試されるのか!?

…ていうか、占いって案外バカにできないのか?…(;'∀')



……結果として大殺界も占いも大当たり(ToT)
何というか、泣きっ面に蜂が刺したところに瓦が脳天を直撃して
その弾みで滑って転んだところが底なし沼だったような1年
となりました (笑)
とにかく、2018年/平成30年という年は、私にとって恐らく生涯忘れられない年になると思います。

この3年間、私が駆けずり回った先は数えきれません。
教員、行政、社会福祉士、行政書士、司法書士、弁護士、税理士、精神福祉士、
施設責任者、養護学校、医師、NPO、カウンセラー、中小企業診断士…
全てのトラブルに対して、対処する人間は私ひとりしかいません。
ひとつに対処している最中に新たなトラブルが発生するので、
二重三重に相談機関を飛び回り、探索・相談・謝罪・懇願・検証・交渉・抗議・・・・・・をしました。

一番辛かったのは「迷うこと」でした。
「正解」がハッキリしている問題ならば、時間がかかってもセオリー通りに進めて行けばいいことですが
私の抱えている問題達は、何が正しい答えなのかがわからない。
こんな大変な事柄に対しての自分の判断・行動について
「果たしてこれで良いのか?」「他にも策があるのでは?」
そう考え出すとキリがなく、全く気が休まらず毎日毎日悶々と考え続けました。頭をかきむしり続けました。

2018年は更に問題が深刻化、複雑化したうえ
4月にやっと転職できた先が社会のダークサイドに関わるハードな仕事で
老いた頭ではその日一日をやり通すだけで精いっぱいでした。

公私共のToDo量が明らかに脳のキャパシティーを超え、
仕事が休みの日は抜け殻のようにボーッと過ごすようになりました。
しかし、そんなせっかくの休みもトラブル関係の電話が鳴り、あちこちに出向かねばならず
だんだん頭の中が押し潰されていくような感覚になりました。

もうダメだ。これ以上1ミリも頑張れない!と泣いたことも1度や2度じゃないし
何でわたしばっかり!と被害者意識に憑りつかれたこともありました。
仕事場で気持ちの切り替えがうまくいかず、暗い顔を見せてしまった事もありました。
笑顔を作ろうとすると辛さが増しました。
朝起きると「目が覚めなければいいのに」と思うようになりました。

そして今年の秋。
あまりの疲労感の強さから、念のため…という気持ちで職場産業医に相談をすると
その場で『すぐに休職しなさい』と言われてしまいました。
それが9月の末のこと。

その後のほぼ1ヶ月近くは、昼夜を問わず眠り続けました。
睡眠薬を飲んでいるわけでもないのに、朝起きて少し経つと眠気が来て
「もう少し寝ていようか」と横になり気づくともう午後。
夕方にまたウトウトしてきて仮眠をとり、だけど夜は夜でしっかりと眠る…。
どうしてあんなに眠れるのかわかりませんでしたが、とにかく毎日寝続けました。
あまりに寝てばかりの自分に「このままでは廃人になってしまうんじゃないか!?」と
恐怖を感じました。

一方、そんな状態の中でも事態は容赦なく悪化し続け、いよいよ本当の崖っぷち状態になりました。
11月に入ってからはまさに「最後の力を振り絞る」ように、対応に明け暮れました。
休養の為の休職なのに、動き回らなくてはならないことが辛かったけれど
良い方に捉えれば「トラブル対応に全力を注ぐための時間を頂けた」と考えることもできる。

しかし、相談する先々からの回答は
「お気の毒ですが」とか「お役に立てなくて」とか「お力になれず」などというものばかり。
「〇〇に訊いてみたらどうでしょう」と言われるも、そこでもまた「△△に訊いてみれば?」と
たらいまわしにされることも続きました。
期限のあることだったので、焦りで気が変になりそうで、
でももう打つ手も尽きて、本当に絶望しかけた、12月のはじめ。

どうしても動かすことのできなかった事態が、
専門家も「諦めた方がいいかもしれない」と言った事態が、少しだけですが動いたのです。
希望の端っこが見えた気がしました。



                号泣 (ToT)



今、また昨年末と同じように「年が明ければきっと」「来年になればきっと」と
根拠のない期待を胸にこの1年を閉じようとしています。
来年は、笑顔になれる出来事がたくさん起こるように、
見えた気がした希望の端っこをしっかり掴んで、事態の収束に向かうべく
もう一度立ち上がって頑張ろうと思います。

COOKPAD時代は30代後半の子育てママだった私。今は闘うアラ還となりました。
人生、何があるかホントにわからないものです。
重ねた年齢を“経験値”にできるよう、もうひと踏ん張りしてみます。


こんなガタついたキッチンですが、これからも時々覗いてやって頂けたらとても嬉しいです。


皆様もどうか、良いお年をお迎えくださいませ (^O^)/


長文にお付き合いくださり、ありがとうございました!







ダウン

IMG_2789.jpg

この仔は、昨年末迎えた保護猫。名前は「ヨル」です。




















IMG_2719.jpg

まだ愛らしい頃の写真 (笑)
獣医さんの「この子はガタイがしっかりしているので、大きくなるかも」との予言通り
モリモリ食べて今では大猫です。
抱き上げた時のズッシリ感は、亡くなったハルの2倍近くに感じます










































IMG_2754.jpg

気持ち悪い言い方ですが、我が家では猫にかかる費用は「人間の医療費扱い」と冗談を言うほど
猫のもたらす空気は、日々のストレスを本当に和らげてくれます。
理由はわからないけど、猫を眺めていると、猫に触れていると、「まぁいいか…」と思えるのです。



しかし今回は
ヨルのパワーをもってしてもダメでした。
とうとう心と体がダウンしてしまいました。

今は、何とか復活するために加療中です。
何としても復活して、降りかかるものたちと闘わなくては。
それができなければ、もうこの世に居場所はありません。


皆さん、力をください。







キロキロ。

IMG_7754.jpg

葡萄とシナモンのマフィン。

シナモンを効かせた生地の中にはラムレーズン。
トップは生の葡萄をのせました。
葡萄の皮が、口当たり悪く感じるかなと心配したけど全く気にならず。





















IMG_7757.jpg

見た目は地味~~ですが
焼いたことで凝縮された生の葡萄の瑞々しさと、ラムとシナモンの香りが中々美味でした。





お久しぶりです。

なんだかいよいよ、人生の岐路に立ったようです。
それもただの岐路ではなく、両脇は崖。 岐路。キロ。きろ。Kiro。


おちつけーーーー。



むりーーーーーー。















四字熟語な夏。

IMG_7750.jpg

暑くても焼き菓子が好き。




















IMG_7751.jpg

トップにのせたのはチェリーなのに中身はブルーベリー(^^ゞ
飾りの分を取り分けるのを忘れ、全量混ぜ込んで焼いてしまったため。


















IMG_7753.jpg

生地はこの時期にお勧めのサワークリーム入り。
少し冷やして(完全に冷蔵庫温度ではなく!)食べると美味しーーー♪
















IMG_7748.jpg

レシピはこちら→




いつもありがとうございます!

え~~…

孤立無援で孤軍奮闘。
五里霧中で四面楚歌で満身創痍。
絶体絶命で窮途末路な日々です。

人生って分からないものですね~~。

1年後、どうしてるかなー。
どこで暮らしてるかなー。
何の仕事をしているかなー。
生きてるかなー。


諦めちゃイカンよ!と思ってくださったら、クリック応援お願いします m(____)m







参りました。

IMG_7738.jpg

思いっきり季節はずれですが(^^ゞ 冷凍してあった最後の紅玉煮を使ったアップルパイ♪



















IMG_7740.jpg

お裾分けにちょうど良い小箱に、3切れピッタリ収まりました。















IMG_7743.jpg

緑色の麻ひもでしばってお渡ししました。





いつもありがとうございます!

関東は、異例な早さの梅雨明け後、異例な暑さに見舞われており、我が家もエアコンフル稼働状態です。
普通に暮らしているだけでもこんなにしんどいと言うのに、
西日本豪雨で被災された方たちにはあまりにも酷なこの夏の気温…
どうか、梅雨明けが早かった分、気温が高かった分、秋も早く来てほしいと思います。


さて…今回も私事についてボヤいちゃいますが





とうとう本当のトドメを刺されたようですよ。
お先真っ暗とはこのこと。この先どうやって生きていけばいいのかな?

いやしかし。凄すぎないか?このトラブル祭り。トラブル放題。トラブル百貨店。
いつ終わるの?
いつ光が見えるんだろう?
やまない雨はないとか、明けない夜はないとか励ましてくれる人もいるけど
ホントのどん底は一体いつなの!?

人生って本当に分からないものですねぇ。
少なくとも4年前は、何ひとつ想像すらしていませんでした。
ドラマでよく聞く「…この時は、知るよしもなかった」って状態。


とにかく参った参った。参りました。
私に、たった一人でこの状況を乗り切る力なんてあるかな。 ないよね~~~(^^;)
この五十肩の肩(ホントです)に何もかも背負って、この炎をくぐって脱出できたらもう、拍手喝采!
その後本でも書いちゃおうかな (笑)


できなかったら…
  
どうしたらいいんでしょうね。



よろしければ、クリック応援お願いします m(____)m




隙間のチェリースコーン

IMG_7731.jpg

チェリーのスコーン
半割りの生のアメリカンチェリーを焼き込み、チェリーのシロップで溶いたアイシングをかけました。






















IMG_7725.jpg



















IMG_7719 (2)

着色料ゼロでもキレイなピンク色に。

チェリーは、加熱した時に苺よりも水分が出にくく色も鮮やかなので、
地味になりがちなスコーンを華やかにしてくれる貴重な食材ですね。





いつもありがとうございます!!

まさかまさか、関東は梅雨明けしてしまいましたね
明けたと言っても、7月に入ってからまた雨続きになるんじゃないのぉ?と疑っています。

もしそうじゃなかったら…
このまま本当に夏日が続いたら…
9月いっぱいはガンガンに暑いこともよくあるし…

更年期で自律神経がイカレてて、ただでさえ暑い寒いでゼーハーしている身、
さ、さんかげつも耐えきれるとは思えない 。゚(゚´Д`゚)゚。
夏の陽射しは大好きだけど、何だかおそろしい2018年の夏のはじまり…。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

3日目にして「もうムリだ」と思った(ホントに)新しい仕事場、何とか3ヶ月が過ぎました。
能力が低いのが一番の原因ではあるけど、
仕事内容、職場の独特な空気、そして50代半ばという年齢的なことなどで
適応力がついていかず、本当に苦しい3ヶ月でした。
今も「何とかやっていけそう」と感じられるには程遠く、
毎日「今日一日を乗り切ろう」と思って一日ずつ終わらせているだけです。

ですが、ほんの少しだけ脳の中に、仕事以外のことを考える隙間ができてきました!
この隙間がとても大事です。

今の私には、対処しなければならない難題がいくつかあるので、この隙間を使って策を練ります。
そもそもこの転職も「策」のひとつでしたが、想定外にheavyな世界だったのでヘコタレて停滞しておりました。

ボチボチ行くぞ~。


よろしければ、クリック応援お願いします m(____)m






矛盾な毎日

IMG_7639.jpg

爽やかレモンケーキ。
爽やか…と言いながらも、たっぷりバターで中々のカロリーです。























IMG_7640.jpg

レモン果汁だけで溶いたしっかり酸っぱいグラスが、シャリシャリ♪

















IMG_7638.jpg

この大好物を、誰に頼まれたわけでもなく焼いちゃったものだから
あれよあれよという間に半分近く食べ進んでしまい (((;゚Д゚)))))
慌ててカットしてひと切れずつ包み、押し付け先を探しました。




いつもありがとうございます。

え~…陰気くさい打ち明け話系が続いていてスミマセン (^^ゞ
ブログに何を書こうと自由だとしても、このブログのテーマは『お菓子』だと思っているので
お菓子というものの持つ、漠然としたhappy感に水をさすような気がして
何とな~く罪悪感に似たものを感じていました。
でも、吐き出せて少し楽になりました (* ´ ▽ ` *)

素敵シアワセおしゃれママじゃないけど、
計算されたインテリアや小物を配置した、映える写真は撮れないけど
多分これからもずっと、お菓子を焼くし食べます♪

おお、またも「矛盾」発生?
『矛盾厨房』の名に恥じないconfusionぶり!







“自分のしごと”

IMG_7683_20180527124026e4b.jpg

こう焼けると嬉しい。













IMG_7684.jpg

こうなるとガッカリ。














IMG_7682_20180527124150362.jpg

子どもの頃から菓子作りが好きで、
特に、オーブンで焼き上げる“焼き菓子”を作ることが好きで好きで、
その中でも、マフィンとスコーンを焼くのが大好きで
写真フォルダの中は、似たような画像だらけ。

















IMG_7716.jpg

この、ちょっと表面がブツブツしているのは、おからのマフィン。


















IMG_7717.jpg

COOKPAD時代、異様におからの菓子に憑りつかれていて
極限まで糖質と脂質を減らしたおから菓子を作っていたけど
それだとどうしても、食感的に食べて侘しくなってしまうので、これは粉とおからを1:2.5の割合で作った。
おからに拒否感がある方でなければ、「そこそこ美味しい」と思えるんじゃないかな。
何より、どっしりした重量感で、ひとつでかなりお腹が満足できる感じ。















IMG_7715.jpg

この景色が、何とも幸せ。
どんな時でも億劫に感じない、マフィンとスコーン作り。




いつもありがとうございます(^^♪

新しい仕事に就いて、もうすぐ2ヶ月です。
正直言うと、ひと月も持たないと思っていました。
理由は、前回書いた「兼業禁止」であったことと、そのハードな内容です。
ケースワーカーという仕事は、やり甲斐のある仕事です。
でも、ある程度心身が健康な状態でなければ務まらないような気がします。
この時告白したように、様々な困難を抱えている今の私には
担当する事案と向き合うことが、そのまま自分の傷口を開くような痛みに感じるのです。

ベテランの方に聞かれたら「甘い!」と一喝されるでしょう。
仕事は仕事。たとえどんな辛いケースであっても、物語を読むかのように心と切り離して対処せよ!と
言われるのではないかなと思います。

そういう「鉄のハート」を持てるまでに、ここで踏ん張り成長していけるか…
それとも別の道を探すか。 岐路です。

“自分の仕事”をせよ、と、ある人に言われました。
自分の仕事とは…死んだ時、墓石に何と掘ってほしいか?で考えよと。(比喩です)

ケースワーカーとして社会貢献した者 ここに眠る



それとも

生涯焼き菓子を愛し焼き続けた者 ここに眠る




どちらが私なのかな…。