FC2ブログ

Paradox Kitchen~矛盾厨房~

おいしいお菓子は家で作ろう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春分の日の告白

IMG_8034.jpg

ホシノ酵母のスコーン。
見た目は角がしっかりしていてちょっと堅そうだが
食べてみるとベーキングパウダータイプよりも少し優しい食感。














IMG_8037.jpg

酵母で膨らませるから当然と言えば当然だが、何となくパンのような風合いもあり
これはこれでとても美味しかった。



















IMG_8038.jpg




いつもありがとうございます(^o^)

え~~と
4ヶ月半ぶりに職場復帰をして、ひと月以上が経ちました。

私の本来の担当業務はかなり深刻な内容なのですが、
このひと月は「リハビリ勤務」ということでその業務には関わらず
単純作業だけをするよう指示されました。

上司からは、日に何度も体調の確認や簡単な面談があり
私の通院に管理職が同行して、医師に回復具合を確認することもありました。

ありがたいことのようですが(実際ありがたいですが)
それらのやりとりを含めたこのひと月で

一度精神に不調をきたした者というのが、会社にとってどういう存在なのか

ということを思い知りました。
長くなるので続きに書きます。


クリック応援してくださると、きっと頑張れます!








リッチチョコレートクッキー(レシピ付き)と復帰

IMG_7997.jpg

チョコレートクッキーにも色々あるけど、
これは歯ざわりは軽~いのにしっかりとカカオの香りを堪能できる、大人のクッキー。

















IMG_8001.jpg

難点は、ハイカロリーなこと。

ですが美味しいのでレシピを書きますね。
自己責任でお試しください(笑)


リッチチョコレートクッキー

無塩バター … 200g
グラニュー糖 … 100g

薄力粉 … 220g
BP… 小さじ1
ココアパウダー… 40g

【1】 室温に戻したバターをボールに入れ、ホイッパーでよく撹拌する。グラニュー糖を加えて更によく撹拌。

【2】 ふるっておいた粉類を加え、ヘラで練らないように合わせる。水分が入らないので、生地の出来上がりはサラサラした感じになります。粉っぽい部分がなくなれば生地の出来上がり。

【3】 ラップの上に生地をのせ、30センチくらいの棒状にまとめる。長すぎて扱いにくいなら半分に分けてもOK。
空気をしっかり抜いてキチッと棒状にしたら、冷蔵庫で1時間くらい休ませる。

【4】 休ませた生地を1.2cm程度の厚さにスライスし、ベーキングペーパーを敷いた天板に並べる。
焼くとかなり広がるので、間隔をあけて並べること!

【5】 180度に予熱しておいたオーブンで12~14分程度焼く。冷めたらお好みでコーティングチョコレートなどで飾ってできあがり!






IMG_7998.jpg

基本的にはベーキングパウダーを入れないクッキーの方が好きですが、このクッキーの食感には必要なので
入れています。
割れやすいので扱いには気をつけて!








IMG_8009.jpg

他に2種類ほど、クッキーを焼いて










IMG_8012.jpg

事務用茶封筒を切って




IMG_8013.jpg

底マチを折って




IMG_8010.jpg





IMG_8014.jpg




IMG_8018.jpg

小さなギフトにしました。






いつもいつもありがとうございます。

休職命令が出たのが昨年の9月末。
当初3ヶ月の予定の療養休暇でしたが、回復が遅れて
医師に「3月末まで休んだ方がよい」と言われてしまいました。

しか~し!
職場から、そこまで休んだらもう私の戻る席はないという通達があり(当然です(^^;))
ちょっとムリして来週から復帰することにしました!!

トシもトシですしね、色々とムリが効かなくはなっているのは事実です。
でも、何とかなるんじゃないかと思っています。
去年よりひどい状況は、さすがにもうないんじゃないかな。
根拠はないけれど、何となくそんな風に思っています。

復帰する以上、職場にこれ以上の迷惑をかけぬよう頑張らなくては。
そして心身ともにエネルギーが戻ってきたら、ダブルワークも開始しようと計画中です。

おお~~^_^; 自分で書いといて不自然なほどの前向きさ。
大丈夫か?オイ…。


クリック応援してくださると、きっと頑張れます!





フェーブの力

IMG_7987.jpg


この記事は、せめて一月中に書かなきゃ(^^ゞ…というわけでガレット・デ・ロワのお話を。

子どもの頃に買ってもらったお菓子作りの本に“ピティビエ”というパイ菓子が載っていました。
読むと、折パイにアーモンドクリームを詰めたもののよう。
同じページに、見た目は全く同じに見える“ガレット・デ・ロワ”というお菓子も載っていて、
それは『エピファニー(公現祭)に食べるもの』とか
『中の陶製の人形をあてた人は王冠をかぶる』とか
50年近く前の昭和の子どもには想像もできない、宗教的背景の儀式について説明がありました。

その艶々堂々たる姿に、いつか作ってみたいな~と思ったものの、パイと言ったらアップルパイ!の私。
実際に折パイを作れるようになったら、せっかく手間暇かけて仕込んだパイ生地1台分に
全てアーモンドクリームを詰めてしまうのがもったいない気がして(笑)
結局今まで、ミニ・アーモンドパイ的なものしか作ったことがありませんでした。










IMG_7983.jpg

が、ここ数年パティスリーでもお菓子作りブログでも、ガレット・デ・ロワは大変な人気ですよね。
毎年お正月になると、有名ブロガーさんたちの見事なガレット・デ・ロワの写真があちこちで見られるし
パティスリーでも、「1月〇〇日までの限定販売」とか「1日〇台のみ」とか
購買意欲をそそられるような謳い文句を目にします。


で、遅ればせながら今年は、いくつかのお店のガレット・デ・ロワの食べ比べと
初の自作デロワに挑戦してみました。

フィリングは、フランジパーヌよりどっしりしたクリームが好きな私はただのアーモンドクリームに。
そのかわり発酵バターを使って風味よく仕上げました。

折パイは、最近はやりの逆折込パイ生地(フィユタージュ・アンヴェルセ)。
ついつい完成を急いでしまうクセをおさえて、丁寧に丁寧に。



丁寧に丁寧に。




丁寧に丁寧に…。





丁寧……  アレ?      オーマイガーッ!!




なんと、計算間違いをして、丁寧に折り過ぎてしまいました。

フィユタージュ・アンヴェルセは通常の折パイよりも折る回数が少ないのが基本らしいのに
なんと、通常よりも多くバカ丁寧に折ってしまっていたのです。

所説ありますが、
折込回数、4つ折り2回と3つ折り1回の計48層で良いというレシピもあるのに、
私はセッセと3つ折りを7回もして、計2187層も作ってしまったのです。45倍って… (T_T)


ご存知のように3つ折りとは、伸ばした生地をパタンパタンと“3つに折る”こと。
そんなことわかりきっていて、いつもの手順なのに
その時の私の頭の中はどういうわけか「3つ折りを“3回”」=「3つ折り」と変換されてしまっていたのです。

こんな事初めてで、これはもう老化としか考えられないのですが、
途中で「何だかおかしい…」と気づいた時はすでに遅しでした。
まぁ、あのまま気づかなければ、2万層まで折っていたと思うのでこれでも傷は浅かったのかな(^_^;)

もうこの時点で、全てを放り出してふて寝したい気持ちでしたが
一応、こういう『折りすぎたパイ』を焼くと一体どうなるのか見てみようと思って焼きました。
それがこれらの写真です。

当然ですが、パイというよりクッキーに近い生地になってしまっていますね。
歯ざわりはサクサクとはしているけど、儚さもハラハラ崩れる脆さもなし。





IMG_7981.jpg

大失敗でした。




















IMG_3805.jpg

自作ガレット・デ・ロワはこのように大失敗でしたが、
食べ比べの方はhappyな結果に (^o^)

1月初旬に計4台のガレット・デ・ロワを購入し、友人や家族と食べたのですか゛…
全てのフェーブが私のピースに入っていました~ (^O^)/

なんだかとっても嬉しかったです。(^o^)
今年の自分はこれだけラッキーを引き寄せられるんだから、きっと色々なことも大丈夫。
収まるべきところに収まっていくはず…。








いつもいつもありがとうございます!

前回の記事→★では、
我が家のシッチャカメッチャカについて書かせて頂きました。

ブログを知る実生活上の知人に読まれることへの抵抗もありますが
自分にとっては、お会いしたことのない画面の向こうの方々に本音を届けることの方が意味があると感じています。
もしかしたら、私の体験はどこかで誰かの役に立つかもしれないとも思っていて、
もう少し色々なことが整理できたら、文章にしていきたいと思っています。(いつのことやら)

よろしければクリック応援してくださると励みになります!






矛盾厨房・レシピインデックス

レシピインデックス



クッキー 

1. バターサブレ
2. ココナッツ・サブレ
3. 乱暴なクッキー
4. 700Cookie
5. ゴマのハードビスケ
6. チョコレート・クランベリークッキー
7. キャラメルマキアート・クッキー
8. オートミールとおからのファイバークッキー
9. 絞り出しクッキー
10. オレンジレモンクッキー
11. エダムとアーモンドのパイクッキー
12. あずきとゴマのクッキーボール
13. ショートブレッド
14. かぼちゃのビスケット
15. トリプルココナッツクッキー
16.リッチチョコレートクッキー





パイ・タルト

1. タルト生地
2. 林檎のアーモンドタルト
3. 基本の練りパイ   練りパイ見直し案
4. レモンクリームタルト
5. バナナとサワークリームのタルト
6. くるみと林檎のキャラメルタルト
7. ブルーベリーのクリームタルト
8. 林檎のサワータルト
10. パイ・スコーン(三段腹スコーン)
11. 速攻スコーン
12. ストロベリー・チーズタルト(お手軽タルト生地)
13. 洋ナシのタルト&おまけ
14.アーモンドクリーム 2014.
15. 基本のスコーン




バターケーキ

1. 自慢のバナナケーキ
2. 緑茶のバターケーキ
3. キャラメルリボンケーキ
4. 秋の贅沢バターケーキ
5. 年に一度のダークフルーツケーキ
6. 秘密のサワークリームケーキ
7. 夏仕様 杏のバターケーキ
8. オレンジピールのバターケーキ
9. 抹茶とホワイトチョコのケーキ
10. アーモンド・アップルケーキ
11. ピスタチオとチェリーのバターケーキ
12. ココナッツケーキ
13. クランベリーとサワークリームのケーキ
14. 黒ゴマのハロウィンカップ
15. うっとりオレンジケーキ
16.えせブリスバー
17.キャラメルとくるみのバターケーキ





マフィン

1. ダブルチョコ・シナモンマフィン
2. プレーンマフィン
3. 6×6の暗記マフィン
4. くるみのバナナマフィン
5. かぼちゃのマフィン




チョコレート系

1. しっとりチョコレートケーキ
2. くるみとクランベリーのブラウニー(ココアブラウニーのアレンジ)
3. リッチチョコカップ
4. プチ・カカオ
5. スクエア・チョコレートケーキ
6. 簡単本格 小さなチョコレートケーキ
7. チョコレート・ブラウニー
8. ココアのブラウニー
9. ココアのブラウニー2
10.フォンダンショコラ2016




スポンジ系

1. ほっそりレモンロール
2. ロールケーキ
3. しっとりプレーンシフォン
4. アーモンドバタースポンジ
5. キチンとカップケーキ




チーズ系

1. くるみとクランベリーのチーズ・バー
2. 苺のマーブルレアチーズ
3. ティラミスケーキ
4. 苺のクランブルチーズケーキ
5. ドライフルーツ入りレア・チーズケーキ






その他

1. 苺のヨーグルトムース
2. 正調カスタードプリン
3. レモンカード
4. どっしりかぼちゃプリン
5. 栗の渋皮煮
6. どら焼き
7. 苺のクリームフラン
8. かぼちゃのプリンケーキ
9. 桜浮島
10. 冷やして美味しいヨーグルトケーキ
11. ドライ苺
12. 基本のシュー





料理

1. 炒り大豆入り中華風炊きおこわ
2. ニラニラ焼き
3. 豚と鶏の焼きつくね
4. アイアンハンバーグ
5. 鶏肉と豆板醤の炒め物
6. やわらかつくね
7. ごまみそなす
8. ヘルシードライカレー
9. シナモンチキン
10. 中華丼


2019.2.10現在


ポチッとよろしくお願いいたします m(__)m

banner_04.gif







再生へ

IMG_7918.jpg

お久しぶりです!




















IMG_7919_201812231324577f0.jpg

夏の終わりにダウンして、気づけばクリスマスも終わってしまいました。
フルーツケーキもシュトーレンもクリスマスケーキも、何ひとつ作らなかった12月なんて
大人になってから初めてかもしれません。


























IMG_7916.jpg

そんな中、本当に久しぶりに焼いたお菓子は、大好物のアップルパイ。
自分好みの、少し硬めのザクザクとした生地が美味しいと思っています。







改めて…
皆様、ご無沙汰しておりました!


この記事→★で、自分の身辺が色々と騒がしくて大変だとぼやいたのが2016年の春のこと。
この時私は『来週がひとつのヤマかな~。』などとつぶやいています。

しかしとんでもなかった!
その後もトラブルは続き、その年の暮れには入院騒動があり
その時の記事→★では、“これが災難のトドメとなって厄落としになるかな”などと言っています。
しかし今思えば、2016年はまだまだ悪夢の序章に過ぎませんでした (^_^;)

2017年は、自分に新たな病気が見つかり、ハルを喪い、
そして一番の大波である、家族達の問題が切れ目なく襲い掛かってきました。

家族たちが次々起こすトラブルの後始末と謝罪のために
私は学校や職場に幾度となく出向き(又は呼ばれ)ました。
「どうか彼らに挽回のチャンスを与えてやってほしい」と頭を下げました。

そしてそれらをしながら、近い将来自分が経済的危機に陥ることを予想して、
本格的な転職活動も始めました。
同時に、少しでも転職のプラスになるよう、資格取得も始めました。

また、トラブルを起こす一方で、家族たちが被害者になる事件も起こり
資料や証拠を揃え、加害者、組織責任者、そして行政と闘わねばならないこともありました。

秋には姑が急逝し、12年間絶縁状態だった嫁ぎ先と再会することになり、
年末には90歳になる私の母が突然の吐血で緊急入院し、連日の付き添いと介護。
並行して仕事と就活も行っていました(不採用続きでしたけど (^^;))。

見かねた友人が、こんなところに誘ってくれて、厄を払う皿割りなるものをしたのもこの時期です。


年が明けるのをこんなに待ったこと、今まであったかな~~。
何の根拠もない、ただの気分の問題に過ぎないんですけど、
何となく「年が変われば」「来年になれば」少しは何かが好転してくれるんじゃないだろうかと、
祈るような気持ちで閉じた2017年でした。


そして2018年…。
今年こそ、何とか浮上できる年にしたいと祈る気持ちで迎えたお正月に
何気なく観ていたテレビで、「血液型と星座を組み合わせた全48種類の今年の運勢」
というのをやっていました。

何度か書いていますが、占いの類に興味のない私。
その時もぼんやり観ていたのですが…


え!? うそ…。






FullSizeRender_201812301244054ab.jpg



48種中48番目。

まさかの運勢最下位とのお告げ!(ToT)  

諦めの1年!? うっそ~~ん…。



以前にも書きましたが、2016年から2018年は大殺界でもあるワタクシ。
すでに限界超えてる気持ちだったけど、まだも試練が用意されてるってことなの!?
一体どこまで試されるのか!?

…ていうか、占いって案外バカにできないのか?…(;'∀')



……結果として大殺界も占いも大当たり(ToT)
何というか、泣きっ面に蜂が刺したところに瓦が脳天を直撃して
その弾みで滑って転んだところが底なし沼だったような1年
となりました (笑)
とにかく、2018年/平成30年という年は、私にとって恐らく生涯忘れられない年になると思います。

この3年間、私が駆けずり回った先は数えきれません。
教員、行政、社会福祉士、行政書士、司法書士、弁護士、税理士、精神福祉士、
施設責任者、養護学校、医師、NPO、カウンセラー、中小企業診断士…
全てのトラブルに対して、対処する人間は私ひとりしかいません。
ひとつに対処している最中に新たなトラブルが発生するので、
二重三重に相談機関を飛び回り、探索・相談・謝罪・懇願・検証・交渉・抗議・・・・・・をしました。

一番辛かったのは「迷うこと」でした。
「正解」がハッキリしている問題ならば、時間がかかってもセオリー通りに進めて行けばいいことですが
私の抱えている問題達は、何が正しい答えなのかがわからない。
こんな大変な事柄に対しての自分の判断・行動について
「果たしてこれで良いのか?」「他にも策があるのでは?」
そう考え出すとキリがなく、全く気が休まらず毎日毎日悶々と考え続けました。頭をかきむしり続けました。

2018年は更に問題が深刻化、複雑化したうえ
4月にやっと転職できた先が社会のダークサイドに関わるハードな仕事で
老いた頭ではその日一日をやり通すだけで精いっぱいでした。

公私共のToDo量が明らかに脳のキャパシティーを超え、
仕事が休みの日は抜け殻のようにボーッと過ごすようになりました。
しかし、そんなせっかくの休みもトラブル関係の電話が鳴り、あちこちに出向かねばならず
だんだん頭の中が押し潰されていくような感覚になりました。

もうダメだ。これ以上1ミリも頑張れない!と泣いたことも1度や2度じゃないし
何でわたしばっかり!と被害者意識に憑りつかれたこともありました。
仕事場で気持ちの切り替えがうまくいかず、暗い顔を見せてしまった事もありました。
笑顔を作ろうとすると辛さが増しました。
朝起きると「目が覚めなければいいのに」と思うようになりました。

そして今年の秋。
あまりの疲労感の強さから、念のため…という気持ちで職場産業医に相談をすると
その場で『すぐに休職しなさい』と言われてしまいました。
それが9月の末のこと。

その後のほぼ1ヶ月近くは、昼夜を問わず眠り続けました。
睡眠薬を飲んでいるわけでもないのに、朝起きて少し経つと眠気が来て
「もう少し寝ていようか」と横になり気づくともう午後。
夕方にまたウトウトしてきて仮眠をとり、だけど夜は夜でしっかりと眠る…。
どうしてあんなに眠れるのかわかりませんでしたが、とにかく毎日寝続けました。
あまりに寝てばかりの自分に「このままでは廃人になってしまうんじゃないか!?」と
恐怖を感じました。

一方、そんな状態の中でも事態は容赦なく悪化し続け、いよいよ本当の崖っぷち状態になりました。
11月に入ってからはまさに「最後の力を振り絞る」ように、対応に明け暮れました。
休養の為の休職なのに、動き回らなくてはならないことが辛かったけれど
良い方に捉えれば「トラブル対応に全力を注ぐための時間を頂けた」と考えることもできる。

しかし、相談する先々からの回答は
「お気の毒ですが」とか「お役に立てなくて」とか「お力になれず」などというものばかり。
「〇〇に訊いてみたらどうでしょう」と言われるも、そこでもまた「△△に訊いてみれば?」と
たらいまわしにされることも続きました。
期限のあることだったので、焦りで気が変になりそうで、
でももう打つ手も尽きて、本当に絶望しかけた、12月のはじめ。

どうしても動かすことのできなかった事態が、
専門家も「諦めた方がいいかもしれない」と言った事態が、少しだけですが動いたのです。
希望の端っこが見えた気がしました。



                号泣 (ToT)



今、また昨年末と同じように「年が明ければきっと」「来年になればきっと」と
根拠のない期待を胸にこの1年を閉じようとしています。
来年は、笑顔になれる出来事がたくさん起こるように、
見えた気がした希望の端っこをしっかり掴んで、事態の収束に向かうべく
もう一度立ち上がって頑張ろうと思います。

COOKPAD時代は30代後半の子育てママだった私。今は闘うアラ還となりました。
人生、何があるかホントにわからないものです。
重ねた年齢を“経験値”にできるよう、もうひと踏ん張りしてみます。


こんなガタついたキッチンですが、これからも時々覗いてやって頂けたらとても嬉しいです。


皆様もどうか、良いお年をお迎えくださいませ (^O^)/


長文にお付き合いくださり、ありがとうございました!







ダウン

IMG_2789.jpg

この仔は、昨年末迎えた保護猫。名前は「ヨル」です。




















IMG_2719.jpg

まだ愛らしい頃の写真 (笑)
獣医さんの「この子はガタイがしっかりしているので、大きくなるかも」との予言通り
モリモリ食べて今では大猫です。
抱き上げた時のズッシリ感は、亡くなったハルの2倍近くに感じます










































IMG_2754.jpg

気持ち悪い言い方ですが、我が家では猫にかかる費用は「人間の医療費扱い」と冗談を言うほど
猫のもたらす空気は、日々のストレスを本当に和らげてくれます。
理由はわからないけど、猫を眺めていると、猫に触れていると、「まぁいいか…」と思えるのです。



しかし今回は
ヨルのパワーをもってしてもダメでした。
とうとう心と体がダウンしてしまいました。

今は、何とか復活するために加療中です。
何としても復活して、降りかかるものたちと闘わなくては。
それができなければ、もうこの世に居場所はありません。


皆さん、力をください。







キロキロ。

IMG_7754.jpg

葡萄とシナモンのマフィン。

シナモンを効かせた生地の中にはラムレーズン。
トップは生の葡萄をのせました。
葡萄の皮が、口当たり悪く感じるかなと心配したけど全く気にならず。





















IMG_7757.jpg

見た目は地味~~ですが
焼いたことで凝縮された生の葡萄の瑞々しさと、ラムとシナモンの香りが中々美味でした。





お久しぶりです。

なんだかいよいよ、人生の岐路に立ったようです。
それもただの岐路ではなく、両脇は崖。 岐路。キロ。きろ。Kiro。


おちつけーーーー。



むりーーーーーー。















四字熟語な夏。

IMG_7750.jpg

暑くても焼き菓子が好き。




















IMG_7751.jpg

トップにのせたのはチェリーなのに中身はブルーベリー(^^ゞ
飾りの分を取り分けるのを忘れ、全量混ぜ込んで焼いてしまったため。


















IMG_7753.jpg

生地はこの時期にお勧めのサワークリーム入り。
少し冷やして(完全に冷蔵庫温度ではなく!)食べると美味しーーー♪
















IMG_7748.jpg

レシピはこちら→




いつもありがとうございます!

え~~…

孤立無援で孤軍奮闘。
五里霧中で四面楚歌で満身創痍。
絶体絶命で窮途末路な日々です。

人生って分からないものですね~~。

1年後、どうしてるかなー。
どこで暮らしてるかなー。
何の仕事をしているかなー。
生きてるかなー。


諦めちゃイカンよ!と思ってくださったら、クリック応援お願いします m(____)m







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。