試練
 2017.05.26 Fri
written by a tsu
IMG_6858_20170525183829a9c.jpg

う~わ~~、2週間以上も更新できなかった!

実は、ブログのランキングの仕組みをよく理解していないのですが
とにかく、いつも似たような焼き菓子ばかりのこんな拙いブログにも関わらず
上位に並ばせていただいているのが不思議でした。

私は、COOKPADがきっかけでブログを始めたんだけれど
COOKPADをしていたのはもう15年近く昔のことになってしまいました。
あれから、趣味で作る方のお菓子やパンの技術や写真技術のレベルはどんどん進化し
今や、様々なブログやポータルサイトやSNSで、
プロ並み、いやプロ以上の素晴らしいお菓子が毎日のように見られるようになりました。

そんな中私は、特に進化しない平凡なお菓子を作るだけだし
年もとって「子育て」の話題もなくなったし
自分でも「たいして面白くもないよね~」と思うのに、いつも見てくださってる方がいるという不思議。

でも、不思議だけどそれはやっぱりとても嬉しいことなのは間違いなくて
だから10年以上も続けてこられたんだと思うのです。








IMG_6860.jpg

そんな、私にとって大切な存在であったこのブログですが、
ここ数ヵ月、もう続けられないかな…と思っておりました。

去年からワーワー騒いでいる試練が収まる気配もなく、
それどころか、何やらパワーアップしてきていて、もう息も絶え絶えでした。

匿名でブログをしていたら全て書いてしまって、同じような状況の方の励みにでもなれば…
と思うものの、実名を知っている人が何人もいるのでそれもはばかられ…

雑に言ってしまえば、昨年から
家族の健康、家庭経済、子育て、介護、それぞれに
深刻なトラブルが立て続けに起こったのであります。
この1年半の間に私が訪れた相談機関の数はすごいものがあります。
問題が複数なので同時進行で対処していかねばならず、それをするのは私ひとりしかおらず

そんな中、年末に緊急入院になったり最愛のハルを失ったりして


こんなに頑張ってるのにそんな仕打ちしないでよ!!


…と、空を見上げて叫びたい毎日でした。
去年の暮れにはこんな記事も書きましたっけね。


ところが、神様は容赦しなかった(笑)。

先月、今度は私にもある病気が見つかってしまいました。
ショックのあまり、診断後3日間はほとんど眠れませんでした。


更に!(まだ!?)今週月曜、経済的打撃の追い打ちも判明。


ひ~~~え~~~ これ以上私にどうしろと!?


普段、占いの類は全く興味のない私ですが、つい調べてしまったところ…
本当に大殺界の真っただ中でした。あ~ビックリ。


…というわけで、もう何をする気力もなく、ブログも閉じようと思っていました。
どうせ(使いたくない言葉ですけど)可愛いケーキなんか作れないし
目新しいレシピをひねり出す元気もないし、素敵奥様な日常もないし、もうシオドキだなぁと思ったのです。

で、前回の苺のスコーンの記事をアップした後、最後のご挨拶の記事を書き始めたのですが
書き進めるうちにどんどん寂しくなってしまいました。
息子たちが小さい頃に始めたCOOKPAD。その後に始めたこのブログ。
古い記事から読み返すと、30代の終わりから50を過ぎた現在までの、
懐かしい思い出がたくさん詰まっています。
私自身も忘れてしまっているような小さな出来事ばかりですが、
後から読み返すとこんなにも懐かしく、愛しいのですね。

それらを読んでいるうちに、もう少し、“後から読み返す日常”を増やしていきたいと思いました。
いつまで続けられるかわからないけど、すぐに「やっぱりムリ」って言いそうだけど。



と、いうわけで、
バッチリ更年期症状も出ていてフーフー喘ぎながらですが、もう少し続けてみようかと思います。
「中高年のお菓子つくり」というスタンスもいいかもしれない。
過ぎてしまった“子育て全盛・主婦の黄金期(笑)”に思いを馳せるのはやめて
第2の人生へと移り行く、50代60代の女性たちへの応援も込めたページ♪


もうしばらくは、抱えた試練のために奔走する日々が続きそうだけど
いつかは乗り越えられると信じるしかないですよね。
大殺界のどん底も、そろそろ半年過ぎるし!


くら~~い呟きになっちゃって失礼しました(^^ゞ
画像は、ピスタチオのケーキです。

よろしければ、↓をクリックして応援してくださると嬉しいです!















00:03:51 | 雑記帳 | trackbacks(0)
苺のスコーン
 2017.05.08 Mon
written by a tsu
IMG_6877.jpg

これはおいしかった!
苺のスコーン。




















IMG_6885_20170508195415930.jpg

苺を生のまま焼きこむお菓子って、水っぽくなったり苺の色が抜けて全体が汚くなったりして
得意ではないんだけど、これはまぁまぁうまく焼けた気がする。


































IMG_6880_201705081954137a1.jpg

そうは言っても、水分の多い具材なのでやはり普通のスコーンより劣化は早い。
さっさと食べきりましょう。






















IMG_6904.jpg

アイシングバージョンも。



























IMG_6897.jpg
うほ~~。

























IMG_6882.jpg

うぁ~。 たまらない。





いつもありがとうございます。

連休中は、毎日本当にこんなことばかりして、例によって全く外出せず。
楽しいけど……太ります



よろしければ応援してください




20:40:31 | マフィン | trackbacks(0)
さわやかカップ
 2017.04.28 Fri
written by a tsu
IMG_6829.jpg

IKEAのマフィンカップ、ベリー系のマフィンにピッタリ!
紫と水色の2色しか知らないけど、もっと違う色が出てるかな?



















IMG_6831.jpg

家具を買う必要も予定も全くないけど、IKEA行きたいな~。





いつもありがとうございます。

またまたマフィンの迷走中です。
今まで何度かマフィン研究に凝った時期があり、その時々で「これだ!」という結論が出たはずなのに
数年経つとまた迷いだすのです。

最近、「オイルで作るお菓子」の本が多いですよね。
すぐに影響されて私もいくつか焼いてみましたが、なかなか「これだ!」が作れない(T_T)
重曹の匂いが気になったり、キメが粗かったり…。
そうなると、「アレをこうしてみればいいか?」とか「これを増やすか?」とか
やりたくなってしまうのです。




よろしければ応援してください



20:23:53 | マフィン | trackbacks(0)
クッキー職人
 2017.04.16 Sun
written by a tsu
IMG_6838.jpg

苺のキューブクッキー


















IMG_6856.jpg

シュガークッキー















IMG_6836.jpg
チョコレートクッキー


















IMG_6833.jpg
フロランタン

これらを、焼いて焼いて














IMG_6839.jpg

枚数にして、なんと1,000枚近く!!

小袋に、2枚~3枚入りにして詰めてシリカゲルを入れて封をして、















IMG_6847.jpg

さらにそれを柄の入った袋に詰めて(この画像は全体の半分くらい)、















IMG_6849.jpg












IMG_6854.jpg












IMG_6846.jpg

こんな感じのギフトを、計90セット作りました!!!
クラフト紙のタグには、オーダーくださった団体の名前を入れたシールを貼って
出来上がり!

いや~~達成感半端なし。
私のことだから、最後は絶対パニックになると思っていたのですが
意外にも、予定通りにピッタリ作業を完了させることができてホッとしました。


ただですね~…
枚数が枚数だったので、作業効率アップのために
いつも作っているやり方とは少し変えてしまった部分がいくつかあって…

後で食べてみると、やっぱりそれは味や食感に良い影響は与えていなくて
う~~ん…反省というか課題というかが残る結果でもありました。






いつもありがとうございます。

自分でも驚くほど、ハルを失った悲しみから立ち直れず毎晩メソメソしていたのですが
このクッキー作りに取り掛かっていた間は、あまり考え込むこともなく(できず)時間が過ぎてくれました。
こういう時には、ある程度の忙しさが救いになってくれるものなのですね。
作業しながらも、頭のすみではしっかりハルのことを考えていたし悲しかったのですが
とりあえず手を動かしていることでそれが薄まり、全ての作業が終わってしまっても
「ああ、気づいたら1週間泣いてなかった」と気づき、
変な言い方ですが「自信」のようなものになりました。

ハルの死で私が抱えた痛みの正体は「苦しかっただろう」「辛かっただろう」という気持ちでした。
孤独感や喪失感ももちろんあったけれど、それよりも「苦しむハル」に対して
何もしてやれなかったことがとにかく辛かったのです。
可哀そうで、申し訳なくて、どんなに不安だったろうとか、痛かったろうにとか、
そういう気持ちから抜けられませんでした。
最後の1ヶ月半のハルの姿を思い出すと、
楽しかった時のことを思い出すのが不謹慎なような、申し訳ないような
そんな気がして本当に胸が締め付けられました。

その気持ちは今も変わらずにあるけれど、嘆き悲しむことからは卒業したい
あの子がいた時の楽しさを懐かしく思えるようになりたいと、今は思っています。

我が家に来てくれてありがとう。
あんなにもたくさん、幸せな気持ちにさせてくれてありがとう。

いつか必ず、もう一度会おうね。
それまで少し、待っててね。



よろしければ応援してください







15:00:16 | クッキー | trackbacks(0)
癒えぬ日々
 2017.04.02 Sun
written by a tsu
IMG_6659.jpg

ケンタッキーフライドチキン風ビスケット。
サクサクでとても美味しいです。
















IMG_6657.jpg

いつものスコーンとはまた違った食感で、これもまたヨシ。















IMG_6653s_20170403120320df8.jpg


これはオーソドックスなベイクドチーズケーキ。
頼まれものがあったので、予行演習として焼いたもの。
もう少し酸味があった方がいいかな?








IMG_6655.jpg

そしてやっぱり、土台にクッキーがあった方がいいかな。









いつまでも同じ話で恥ずかしいですが
未だ、ハルの死を乗り越えられずにいます。

ふと部屋の向こうに目をやると、こちらに向かって歩いてくる姿が目に浮かびます。
晴れたベランダを見ると、のんびり陽にあたっているハルが見えるのです。

そして次に、亡くなる直前のヨロヨロとした後ろ姿を思い出してしまい、
こらえても涙があふれ、しばらくはハルのことで頭がいっぱいになってしまうのです。

一体どうすれば、この悲しみから抜け出せるのでしょうか。


IMG_6651.jpg

亡くなる5日前のハル。
私のベッドで過ごしたのは、この日が最後でした。

22:52:41 | 猫と犬 | trackbacks(0)
ハル
 2017.03.25 Sat
written by a tsu
IMG_2273.jpg





ハルは逝ってしまいました。


我が家はリビングが2階にあるのですが、数日前から1階を好むような様子を見せたので
1階の空き部屋に寝床を作ってやり、そこで過ごしていました。

亡くなる前日、私の仕事中に次男から「ハルが何だかおかしい、死んじゃうよ!」と電話がありました。
慌てて帰宅すると、もうほとんど寝たきりで声も出さなくなっていたハルが
ヨロヨロの足取りであたりを歩き、声にならない声で鳴き続けていました。

とにかく輸液をしてやらなくてはと、次男と点滴をし、寝床を作り直す為のタオルやオムツを買いに出ました。
2時間くらいして帰宅すると、1階にハルの姿がありません。
まさか…と思って階段を上がると、ハルは2階に上がりきったリビングのドアの前でうずくまっていました。
『ハル!!』と私が声をかけると、ゆっくりこちらを見て、かすれた声でひと声鳴きました。

もうまっすぐに立つこともできず、2~3歩歩くと倒れてしまうというのに
一体どれだけの時間をかけて、一体どうやってこの階段を上がって来たのかと思うと
涙が止まりませんでした。

しばらくして、トイレに入ろうとしたものの用を足すこともできず
猫砂の中に倒れこんで動けなくなってしまったので、そっと抱き起してオムツをつけて
紙箱の中に新しいクッションとフワフワのタオルを敷いて、その晩は寝かせました。


翌朝起きて見に行くと、ハルは旅立っていました。
箱から出ようとしたらく、上半身だけが箱の外に出ていて、頭から床に倒れこんで動かなくなっていました。
どこへ行きたかったのか、前足は宙をかくように伸びていました。

逝って間もなくだったのか、ハル!ハル!と呼びながら抱き起すと
身体はまだ柔らかく、眠っているようでした。
泣きながら身体を丸めていつもの寝姿と同じに整えて、目を閉じてやりました。

その日は、次男の通う学校に行く用事があったのですが
車で学校に向かう途中、何度も涙で前が見えなくなり、停車しては深呼吸をしました。

帰宅して、花を供え、ずっと撫でていました。
いつもと同じ手触り、安らかな顔、本当に眠っているようでした。
かわいそうで悲しくて、目の前のハルがもう目覚めないなんてどうしても信じられなくて
どこからこんなに出てくるのか?と思うくらい涙が止まりませんでした。




IMG_2259_convert_20170325134129_20170325134520ac3.jpg




7年前の春シオンを亡くし、ハルも逝ってしまいました。

ペットを飼っている方は皆さんそうではないかと思いますが、「その子」ではなくてはダメで、
今、まるで子どもを亡くしたような喪失感に打ちのめされています。
もう、呼んでも来ないなんて、2度と会えないなんて、まだ受け入れることができません。
もう1度ハルに会いたい。もう1度あの子を撫でたい。もう1度あの子と一緒に眠りたい。

今は、ハルが好きだった場所を見ては泣き、ハルの残した物たちを見ては泣いています。
部屋のすみや、私のベッドや、ドアの後ろから現れるような気がして
でも、そんな事はもうないんだと思い知る繰り返しで、どうやって心を整理していいのかわかりません。





IMG_5388_SP0000_20170324231816387.jpg











SANY0007_0.jpg














ハルまくら














IMG_1917.jpg
















IMG_2273.jpg








14:07:56 | 猫と犬 | trackbacks(0)
甘夏のオランジェット
 2017.03.17 Fri
written by a tsu
IMG_6644.jpg

頂き物の無農薬甘夏で、簡単ピールを作った。

本来の作り方は、シロップだけを煮詰めて糖度を上げながら甘味をつけていくらしいが
これは、ただコトコト煮詰めるだけのお手軽版。
最後に100度のオーブンで乾燥させてできあがり。















IMG_6643.jpg

グラニュー糖をまぶせば、キラキラときれいなオレンジピールのできあがり。





















IMG_6647.jpg

チョコレートをくぐらせたものを小箱に詰めて、小さなギフトにした。
3回茹でこぼして、さらに一日水にさらしたけど
柑橘系特有のビリビリした刺激が強めに残ったような気もする。
もう1回茹でこぼしても良かったかな。



よろしければ応援してください








いつもありがとうございます。

ハルは水も飲めなくなってしまったため、自宅で私たちが点滴をすることにしました。
たった2ヶ月前まであんなに元気だったのに
もうほとんど声も出さず、一日中ジッとうずくまっています。
お気に入りの、ダイニングの椅子で過ごすことが多く、一晩中ここで丸くなっていることもあります。

朝起きて、まずハルを探します。
小さく丸くなっている姿を見つけると、どうか息をしていますようにと祈るような気持ちで近づき
おはよう、と声をかけます。







IMG_2236_convert_20170317181037.jpg









IMG_2238_convert_20170317180949.jpg





18:20:43 | 雑記帳 | trackbacks(0)
ロングパイ
 2017.03.08 Wed
written by a tsu
IMG_6585.jpg

アップルパイ!




















IMG_6584.jpg

う~~、写真見ながらまた食べたくなる。本当に大好きなお菓子。


















IMG_6582.jpg

今回は、リンゴの下にアーモンドクリームを敷いてみた。
リンゴがこれでもか!が好きな人にはウケないかもしれないけど、濃厚でこれまたおいしーーー!
















IMG_6583.jpg


















IMG_6572.jpg

これ、切る前はこんなに長かったんです。
天板に斜めにのせて、やっとおさまった(^^ゞ

りんごの季節はもう終わるけど、あと1回は焼きたいなぁ。





いつもありがとうございます。


ハルは頑張っています。

数日前から食べ物を一切受け付けなくなってしまい、水もほとんど飲まず
一日中ジッとしています。

別室で寝ていても、「ハルー」と呼ぶと起きてきてちゃんと足元に座り
喉を鳴らして寄り添ってくれる猫でした。

今は、声をかけても目を少し動かすだけになってしまい、静かに耐えています。
たった2つ前の記事の画像の眼差しとももう違って、私のことをわかっているのか、読み取れません。
それでも1日に2回くらい、少し立って歩いています。

よろしければ応援してください



00:56:54 | パイ・タルト | trackbacks(0)
| HOME | next