クッキー職人
 2017.04.16 Sun
written by a tsu
IMG_6838.jpg

苺のキューブクッキー


















IMG_6856.jpg

シュガークッキー















IMG_6836.jpg
チョコレートクッキー


















IMG_6833.jpg
フロランタン

これらを、焼いて焼いて














IMG_6839.jpg

枚数にして、なんと1,000枚近く!!

小袋に、2枚~3枚入りにして詰めてシリカゲルを入れて封をして、















IMG_6847.jpg

さらにそれを柄の入った袋に詰めて(この画像は全体の半分くらい)、















IMG_6849.jpg












IMG_6854.jpg












IMG_6846.jpg

こんな感じのギフトを、計90セット作りました!!!
クラフト紙のタグには、オーダーくださった団体の名前を入れたシールを貼って
出来上がり!

いや~~達成感半端なし。
私のことだから、最後は絶対パニックになると思っていたのですが
意外にも、予定通りにピッタリ作業を完了させることができてホッとしました。


ただですね~…
枚数が枚数だったので、作業効率アップのために
いつも作っているやり方とは少し変えてしまった部分がいくつかあって…

後で食べてみると、やっぱりそれは味や食感に良い影響は与えていなくて
う~~ん…反省というか課題というかが残る結果でもありました。






いつもありがとうございます。

自分でも驚くほど、ハルを失った悲しみから立ち直れず毎晩メソメソしていたのですが
このクッキー作りに取り掛かっていた間は、あまり考え込むこともなく(できず)時間が過ぎてくれました。
こういう時には、ある程度の忙しさが救いになってくれるものなのですね。
作業しながらも、頭のすみではしっかりハルのことを考えていたし悲しかったのですが
とりあえず手を動かしていることでそれが薄まり、全ての作業が終わってしまっても
「ああ、気づいたら1週間泣いてなかった」と気づき、
変な言い方ですが「自信」のようなものになりました。

ハルの死で私が抱えた痛みの正体は「苦しかっただろう」「辛かっただろう」という気持ちでした。
孤独感や喪失感ももちろんあったけれど、それよりも「苦しむハル」に対して
何もしてやれなかったことがとにかく辛かったのです。
可哀そうで、申し訳なくて、どんなに不安だったろうとか、痛かったろうにとか、
そういう気持ちから抜けられませんでした。
最後の1ヶ月半のハルの姿を思い出すと、
楽しかった時のことを思い出すのが不謹慎なような、申し訳ないような
そんな気がして本当に胸が締め付けられました。

その気持ちは今も変わらずにあるけれど、嘆き悲しむことからは卒業したい
あの子がいた時の楽しさを懐かしく思えるようになりたいと、今は思っています。

我が家に来てくれてありがとう。
あんなにもたくさん、幸せな気持ちにさせてくれてありがとう。

いつか必ず、もう一度会おうね。
それまで少し、待っててね。



よろしければ応援してください







15:00:16 | クッキー | trackbacks(0)
癒えぬ日々
 2017.04.02 Sun
written by a tsu
IMG_6659.jpg

ケンタッキーフライドチキン風ビスケット。
サクサクでとても美味しいです。
















IMG_6657.jpg

いつものスコーンとはまた違った食感で、これもまたヨシ。















IMG_6653s_20170403120320df8.jpg


これはオーソドックスなベイクドチーズケーキ。
頼まれものがあったので、予行演習として焼いたもの。
もう少し酸味があった方がいいかな?








IMG_6655.jpg

そしてやっぱり、土台にクッキーがあった方がいいかな。









いつまでも同じ話で恥ずかしいですが
未だ、ハルの死を乗り越えられずにいます。

ふと部屋の向こうに目をやると、こちらに向かって歩いてくる姿が目に浮かびます。
晴れたベランダを見ると、のんびり陽にあたっているハルが見えるのです。

そして次に、亡くなる直前のヨロヨロとした後ろ姿を思い出してしまい、
こらえても涙があふれ、しばらくはハルのことで頭がいっぱいになってしまうのです。

一体どうすれば、この悲しみから抜け出せるのでしょうか。


IMG_6651.jpg

亡くなる5日前のハル。
私のベッドで過ごしたのは、この日が最後でした。

22:52:41 | 猫と犬 | trackbacks(0)
ハル
 2017.03.25 Sat
written by a tsu
IMG_2273.jpg





ハルは逝ってしまいました。


我が家はリビングが2階にあるのですが、数日前から1階を好むような様子を見せたので
1階の空き部屋に寝床を作ってやり、そこで過ごしていました。

亡くなる前日、私の仕事中に次男から「ハルが何だかおかしい、死んじゃうよ!」と電話がありました。
慌てて帰宅すると、もうほとんど寝たきりで声も出さなくなっていたハルが
ヨロヨロの足取りであたりを歩き、声にならない声で鳴き続けていました。

とにかく輸液をしてやらなくてはと、次男と点滴をし、寝床を作り直す為のタオルやオムツを買いに出ました。
2時間くらいして帰宅すると、1階にハルの姿がありません。
まさか…と思って階段を上がると、ハルは2階に上がりきったリビングのドアの前でうずくまっていました。
『ハル!!』と私が声をかけると、ゆっくりこちらを見て、かすれた声でひと声鳴きました。

もうまっすぐに立つこともできず、2~3歩歩くと倒れてしまうというのに
一体どれだけの時間をかけて、一体どうやってこの階段を上がって来たのかと思うと
涙が止まりませんでした。

しばらくして、トイレに入ろうとしたものの用を足すこともできず
猫砂の中に倒れこんで動けなくなってしまったので、そっと抱き起してオムツをつけて
紙箱の中に新しいクッションとフワフワのタオルを敷いて、その晩は寝かせました。


翌朝起きて見に行くと、ハルは旅立っていました。
箱から出ようとしたらく、上半身だけが箱の外に出ていて、頭から床に倒れこんで動かなくなっていました。
どこへ行きたかったのか、前足は宙をかくように伸びていました。

逝って間もなくだったのか、ハル!ハル!と呼びながら抱き起すと
身体はまだ柔らかく、眠っているようでした。
泣きながら身体を丸めていつもの寝姿と同じに整えて、目を閉じてやりました。

その日は、次男の通う学校に行く用事があったのですが
車で学校に向かう途中、何度も涙で前が見えなくなり、停車しては深呼吸をしました。

帰宅して、花を供え、ずっと撫でていました。
いつもと同じ手触り、安らかな顔、本当に眠っているようでした。
かわいそうで悲しくて、目の前のハルがもう目覚めないなんてどうしても信じられなくて
どこからこんなに出てくるのか?と思うくらい涙が止まりませんでした。




IMG_2259_convert_20170325134129_20170325134520ac3.jpg




7年前の春シオンを亡くし、ハルも逝ってしまいました。

ペットを飼っている方は皆さんそうではないかと思いますが、「その子」ではなくてはダメで、
今、まるで子どもを亡くしたような喪失感に打ちのめされています。
もう、呼んでも来ないなんて、2度と会えないなんて、まだ受け入れることができません。
もう1度ハルに会いたい。もう1度あの子を撫でたい。もう1度あの子と一緒に眠りたい。

今は、ハルが好きだった場所を見ては泣き、ハルの残した物たちを見ては泣いています。
部屋のすみや、私のベッドや、ドアの後ろから現れるような気がして
でも、そんな事はもうないんだと思い知る繰り返しで、どうやって心を整理していいのかわかりません。





IMG_5388_SP0000_20170324231816387.jpg











SANY0007_0.jpg














ハルまくら














IMG_1917.jpg
















IMG_2273.jpg








14:07:56 | 猫と犬 | trackbacks(0)
甘夏のオランジェット
 2017.03.17 Fri
written by a tsu
IMG_6644.jpg

頂き物の無農薬甘夏で、簡単ピールを作った。

本来の作り方は、シロップだけを煮詰めて糖度を上げながら甘味をつけていくらしいが
これは、ただコトコト煮詰めるだけのお手軽版。
最後に100度のオーブンで乾燥させてできあがり。















IMG_6643.jpg

グラニュー糖をまぶせば、キラキラときれいなオレンジピールのできあがり。





















IMG_6647.jpg

チョコレートをくぐらせたものを小箱に詰めて、小さなギフトにした。
3回茹でこぼして、さらに一日水にさらしたけど
柑橘系特有のビリビリした刺激が強めに残ったような気もする。
もう1回茹でこぼしても良かったかな。



よろしければ応援してください








いつもありがとうございます。

ハルは水も飲めなくなってしまったため、自宅で私たちが点滴をすることにしました。
たった2ヶ月前まであんなに元気だったのに
もうほとんど声も出さず、一日中ジッとうずくまっています。
お気に入りの、ダイニングの椅子で過ごすことが多く、一晩中ここで丸くなっていることもあります。

朝起きて、まずハルを探します。
小さく丸くなっている姿を見つけると、どうか息をしていますようにと祈るような気持ちで近づき
おはよう、と声をかけます。







IMG_2236_convert_20170317181037.jpg









IMG_2238_convert_20170317180949.jpg





18:20:43 | 雑記帳 | trackbacks(0)
ロングパイ
 2017.03.08 Wed
written by a tsu
IMG_6585.jpg

アップルパイ!




















IMG_6584.jpg

う~~、写真見ながらまた食べたくなる。本当に大好きなお菓子。


















IMG_6582.jpg

今回は、リンゴの下にアーモンドクリームを敷いてみた。
リンゴがこれでもか!が好きな人にはウケないかもしれないけど、濃厚でこれまたおいしーーー!
















IMG_6583.jpg


















IMG_6572.jpg

これ、切る前はこんなに長かったんです。
天板に斜めにのせて、やっとおさまった(^^ゞ

りんごの季節はもう終わるけど、あと1回は焼きたいなぁ。





いつもありがとうございます。


ハルは頑張っています。

数日前から食べ物を一切受け付けなくなってしまい、水もほとんど飲まず
一日中ジッとしています。

別室で寝ていても、「ハルー」と呼ぶと起きてきてちゃんと足元に座り
喉を鳴らして寄り添ってくれる猫でした。

今は、声をかけても目を少し動かすだけになってしまい、静かに耐えています。
たった2つ前の記事の画像の眼差しとももう違って、私のことをわかっているのか、読み取れません。
それでも1日に2回くらい、少し立って歩いています。

よろしければ応援してください



00:56:54 | パイ・タルト | trackbacks(0)
2月の終わりのガトーショコラ
 2017.02.26 Sun
written by a tsu
IMG_6596.jpg

なかなか美味しそうではありませんか?



















IMG_6593.jpg

美味しかったんですよ!

ハルの病気のことで、すっかりアップのタイミングを逃してしまって
2月の終わりにガトーショコラっていうのも、なんとも間が抜けた感じですけど。













IMG_6598.jpg

ガトーショコラって、
チーズケーキと同様“若干適当な分量でもそこそこ美味しくできるケーキ”だし
ちょっと検索すれば本当に数えきれないレシピが出てくる。
粉を一切使わない…とか、まるでチョコそのものを食べてるかのような…とか。

カカオマスを使ったり、ココアを多めにしたり、色々試したけれど
自分はアーモンド粉と合わせるのが一番好きみたい。
COOKPADで人気のあったコレもそうだった。
で、今回はこれを更に濃厚にしてみました。

コーヒーにももちろん合うけど、お酒にも合いますよ♪








いつもありがとうございます。

ハルは一時とても弱ってしまって、抱くと背骨が手にあたるほど瘦せてしまいましたが
その後、処方された薬が効いたのか食欲が戻ってきました。
弱ってきたときは、人間から離れたところでひとりジッとうずくまっていましたが
また私が呼ぶと応えるようになり、夜も私の布団に入ってくるようになりました。
声をかけるとノドを鳴らして甘えます。

この薬の効果が、少しでも長く続きますように。

よろしければ応援してください






22:00:58 | チョコレートケーキ | trackbacks(0)
ハルが想い出になる日
 2017.02.19 Sun
written by a tsu
IMG_6630.jpg

ハルに病気が見つかった。
医師に、治ることはないだろうと言われた。
















IMG_6617.jpg

残された時間も、そう長くないと言われた。


















IMG_6620.jpg

もっとずっと、ずっと一緒にいられると思っていた。

一緒にいたかった。

今は一日中ハルのことを考えている。














22:25:27 | 猫と犬 | trackbacks(0)
しつこくTOPS風(クリームの覚え書き付き)
 2017.02.07 Tue
written by a tsu
IMG_6558.jpg

なんちゃってトップス風ケーキをまたまた作りました。

















IMG_6546.jpg

ひとつはバースデーケーキ仕立てに。
主役は、今受験の真っただ中にいる中学3年生の女の子。


















IMG_6547.jpg

スポンジも中のクリームも、前回と同じですが
今回は飾りのクリームをチョコ濃い目のガナッシュにしてココアを振りました。
キラキラしているのはパールシュガーやアラザンですが、ロックソルトでも美味しいかもしれません。

あとひと息!がんばれ!!の気持ちを込めて。


















IMG_6556.jpg

その次がこの、トップ画像のもの。(^^ゞ
同じものを作り続ける悪癖。















IMG_6557.jpg


絞りは本当にテキトーですが、葉っぱを絞ると何となくそれっぽく見えるらしく、ウケます。

立て続けに4回作って、家族にも飽きられ自分も気が済み、これにて終了。
覚え書きとして、クリームの配合を書いておきます。


◆なんちゃってトップス風チョコレートクリーム


①小鍋に生クリーム100g入れて沸騰直前まで温め火をとめ、
 ・練乳20g、
 ・クーベルチュールスイートチョコレート 50g
 ・クーベルチュールミルクチョコレート  50g
 を加えて静かに溶かす。(塊のチョコの場合は刻んで加える)
 なめらかに溶けたら完全に冷めるまで放置。
 冷蔵庫に入れると固くなってしまうので、冬場なら室温で。
 夏場は冷蔵庫で冷やし、次の作業に移る30分くらい前に冷蔵庫から出すと扱い易い。

②ボールに、①のガナッシュを入れ、生クリーム300gを少しずつ加えて静かに混ぜる。
 混ぜムラのないようにしながらも、分離に気をつけて優しく丁寧に混ぜて出来上がり!
 もしゆるいようならこの後少しホイップしてください。
 ただ、急に固くなったり分離したりするので、くれぐれも優しく。

 ぜひお試しくださいませ(^o^)




いつもありがとうございます!

ここのところ、とにかく甘いものばっかり欲します!
お菓子を焼いても、焼くだけで満足して食べずに朽ちさせてしまうこともあるのですが
今は焼いたそばからパクパク!欲求のままに食べてしまいます。
ほんのひと口…味見だけ…のつもりが、気づけばホールの4分の1くらい食べ進んでしまい
ギョッとすることも (;゚Д゚)

当然ですが、みるみる体重が増えるんですよね~、ホントにみるみる。
暮れの入院後に少しやせたので、調子に乗って買ったスカートなどがもう入りません!

どしたらいいの~~~(ToT)

と、わかりきったことを聞いてみる


よろしければクリックで応援してくださいませ~



23:39:13 | チョコレートケーキ | trackbacks(0)
| HOME | next